たけしの家庭の医学!動脈硬化予防・改善には亜鉛!血管の老化防止に最重要栄養素

たけしの家庭の医学 亜鉛

2018年1月23日のたけしの家庭の医学【血管の老化を止める科】では、血管の老化防止に絶対欠かせない最重要栄養素がテーマです。

動脈硬化の予防・改善のための最重要栄養素に迫ります。

そこで当サイトマミィでも、血管の老化を予防するために役立つ栄養素「亜鉛」について調べてみたので、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

血管の老化防止に最強栄養素「亜鉛」

血管の老化や動脈硬化を予防改善する栄養素、亜鉛について解説します。

亜鉛は、私たちが生きていくために欠かせないミネラルの一つです。

皮膚や骨、肝臓、眼球、筋肉などに存在し、新陳代謝を良くしたり活性酸素を除去して免疫力を高めたり、たんぱく質やDNA・RNAの合成に働いています。

ところが、現代人では亜鉛が不足しやすい傾向にあるといい、厚生労働省による「栄養機能食品成分」指定や、文部科学省による「給食中の亜鉛含量の目標値」設定など、国を挙げて亜鉛摂取に取り組んでいます。

なぜ亜鉛で動脈硬化を予防できるのか?

亜鉛が血管の老化防止にどのように役立つのでしょうか?

動脈硬化は、活性酸素という有害物質が体内で増えることにより血管壁が傷つき、血管がかたくなっていくことが原因の一つと考えられています。

亜鉛は、傷ついた血管壁を修復するために働く酵素「SOD酵素」を作る成分なので、血管の老化を予防する働きがあるといわれています。

SOD酵素についてはこちらのページで詳しく解説しています。

>>【たけしの家庭の医学】腸漏れ?テロメア?心臓柔らか物質とは!詳しく解説

 

亜鉛が作り出す酵素はSODだけではなく、高血圧と関連するACEや血管壁を作るコラーゲンの合成に関わるコラゲナーゼをはじめ、たくさんの種類があります。

若い血管は柔らかくしなやかですが、老化が進むにつれて固く脆くなっていきます。

いつまでも血管を若く保つために、ぜひ亜鉛を摂りましょう。

関連記事:主治医が見つかる診療所!血管年齢を若返らせて心筋梗塞・脳梗塞予防

亜鉛を多く含む食べ物

亜鉛を多く含む食べ物の紹介です。

亜鉛は牡蠣・チーズ・肉類・レバー・小麦胚芽などが、亜鉛を多く含む食べ物です。

目安量としては牡蠣5個(60g)でおよそ8mg、プロセスチーズだと100gでおよそ3mgの亜鉛を摂ることができます。

スポンサーリンク

亜鉛の吸収率を高める食べ方・ダメな食べ方

亜鉛の吸収率を高める食べ方を紹介します。

厚生労働省の「日本人の食事摂取基準」では、亜鉛の摂取推奨量は、成人男性で10mg/日、女性で8mg/日とされています。

ですが亜鉛は吸収率が悪く、普通に食べ物から摂取する場合の吸収率は20〜40%程度といわれています。

そこで、効率よく吸収するためのワンポイントアドバイスを紹介したいと思います!

 

おすすめは、ビタミンCやクエン酸などと一緒に摂ることです。

生ガキはレモンやポン酢で食べるとおいしいですが、おいしいだけではなく、ちゃんと栄養を吸収できる効率的な食べ方なんですね。

ビタミンCたっぷりの野菜をチーズに絡めて食べる、チーズフォンデュも亜鉛をたっぷりとれるメニューです。

チーズフォンデュの関連記事は、こちらをどうぞ♪

>>チーズフォンデュを簡単に作る!冷蔵庫の余り具材とピザ用チーズを活用

 

続いて、NGな食べ方です。

穀類や豆類に含まれるフィチン酸、食物繊維、カルシウム、加工食品に含まれる食品添加物などは、亜鉛の吸収を阻害するといわれています。

また、アルコールの過度な摂取も、亜鉛不足になる原因です。

ただ、亜鉛の吸収を妨げるから食べないというのではなく、いろいろな食べ物をまんべんなく食べることは体のためにとても大切です。

亜鉛の多い食べ物と同時に食べない、亜鉛の摂取量自体を増やすなど工夫をして、無理なくいろいろな栄養を摂るようにしましょう。

まとめ

亜鉛が不足すると、味覚も鈍くなるといわれています。

薄味でも満足できるかどうかが、亜鉛が足りているか不足しているかのバロメーターになります。

実年齢ではなく、血管年齢が私たちの寿命を左右するともいわれるほど、血管の老化を予防することは大切なんですね。

スポンサーリンク