【たけしの家庭の医学】毛細血管が心筋梗塞から身を守る!タウリンを多く含む食べ物とは

たけしの家庭の医学 毛細血管

2018年4月24日の「たけしの家庭の医学」は、心筋梗塞から身を守る毛細血管についての特集です。

そこで当サイトマミィでも、番組のテーマに基づき、毛細血管の働きや毛細血管の機能をアップするというタウリンについて調べてみました。

>>他テーマ「肩こりの根本原因を解消まとめ」はこちら

>>他テーマ「簡単!骨密度アップ体操で骨粗しょう症予防」はこちら

スポンサーリンク

心筋梗塞とは

心筋梗塞についてわかりやすく説明します。

心筋梗塞は、心臓の血管にコレステロールなどが蓄積し、冠動脈と呼ばれる太い血管が詰まることで、心臓の筋肉が壊死してしまう病気です。

発症してから病院へ搬送されるまでに3人に1人がなくなってしまうといわれている命を脅かす病気ですが、助かる人と助からない人にはある違いが見つかったということです。

今回番組で取り上げるのは、毛細血管の働きです。

冠動脈から血液が流れなくなっても、毛細血管が働いていれば血流は完全には止まらないので、その後の適切な治療によって血流が回復すれば心筋の障害は回復するということです。

毛細血管について

毛細血管は、体をめぐっているすべての血管のうちの約99%を占めています。

動脈と静脈の間に、網目のように広がっている、細い細い血管です。

毛細血管が劣化してしまうと、ゴースト血管という血管の抜け殻になってしまい、その部分に血液が流れなくなってしまうので酸素や栄養分が届かなくなってしまいます。

すると、老化を加速させたリ病気になったり、体に様々な影響が出てきてしまうのです。

ゴースト血管についてはこちらのページも参考にしてください。

爪の色戻りチェック

毛細血管が健康かどうか簡単に調べる方法として、「爪の色戻りチェック」というものがあります。

やり方は、人差し指の爪の部分を5秒間強く圧迫した後、指を離します。

押した状態では爪は白くなりますが、指を離すと徐々に元のピンク色に戻ってきます。

この、白くなった状態から元の色に戻るまでの時間を計測し、2秒未満で戻ればセーフ、それ以上だとアウトということです。

スポンサーリンク

毛細血管の機能アップにはタウリンが効果的!

毛細血管の働きを向上させるには、タウリンという栄養素が効果的だということです。

タウリンはアミノ酸の一種で、動脈硬化を予防したり、高血圧を予防するなど血液や血管の健康維持に役立つ栄養素として注目されています。

すでに心不全の治療薬としてもタウリンは利用されており、心臓を守る働きも認められているということです。
タウリンの動脈硬化予防薬としての可能性(日薬理誌(Folia Pharmacol. Jpn.)123,311~317(2004))

参考:https://www.jstage.jst.go.jp/article/fpj/123/5/123_5_311/_pdf

タウリンを多く含む食べ物

タウリンを多く含む食べ物を紹介します。

タウリンを豊富に含むのは、牡蠣やホタテ、イカ、タコなどの魚介類です。

しかしタウリンは、調理の際に薬と3割、煮ると5割が減ってしまうといわれています。

また水溶性のため、煮てしまうと煮汁に栄養素が溶け出てしまうという性質があります。

そのため、タウリンをたくさん摂るためには生の状態で食べるか、煮汁ごと食べられるようなスープなどがよいでしょう。

まとめ

心筋梗塞から身を守るためには、毛細血管を健康に保つ必要があることがわかりました。

その毛細血管の機能を高めるのが、タウリンということもわかりました。

タウリンを積極的に摂ることはもちろん大切ですが、いろいろな栄養素をまんべんなくとることが健康への確実な一歩となります。

スポンサーリンク