【たけしの家庭の医学】体内に生える毛とは!?冬の風邪は水分補給で

たけしの家庭の医学 体内の毛

2017年12月12日放送【名医とつながる!たけしの家庭の医学】の特集テーマの一つは『冬の風邪』です。

当サイトマミィでは、番組で放送される、身体をウィルスから守ってくれる身体の中の毛とはなにかについて、わかりやすく解説したいと思います。

スポンサーリンク

身体をウィルスから守ってくれる【身体の中の毛】とは?

風邪をひきにくくする、身体をウィルスから守ってくれる【身体の中の毛】について解説します。

このテーマの名医は玉置淳先生(東京女子医科大学病院 呼吸器内科 教授)です。

身体の中の毛とは、のどから肺に至る気道の粘膜に存在する線毛(せんもう)です。

 

風邪のもととなるウイルスや細菌は、口や鼻から体内に侵入してきます。

侵入してきたウイルスや細菌などの有害物質をブロックする役割をしてくれるのが、線毛なのです。

線毛は「線毛運動」とよばれる往復運動を繰り返し、気道の粘液や異物を喉のほうへと送り返されます。

線毛運動によって押し戻された異物は、痰として体外に排出されたり、食道から胃に入り消化されたりして、体内に侵入することができなくなります。

効率的な水分補給でカゼ予防

効率よく風邪を予防できる水分補給の方法を紹介します。

先ほど説明した繊毛運動を活発にするためには、のどが潤っている必要があります

外出先から帰ったら手洗い・うがいで異物を洗い流すことを習慣にしましょう。

また、喉が絶えず潤っている状態をキープするためには、10分〜20分おきに一口ずつ水を飲むようにするとよいようです。

加湿器やマスクなども利用して、乾燥を避けることが、カゼ予防には大切です。

番組では、神奈川県横浜市「もみじ幼稚園」で実践して劇的な効果をあげているという風邪予防について紹介します。

名医が推薦!ミント&タオル健康法

番組ではミント&タオル健康法というのが紹介されます。

ミントの成分メントールには、抗菌効果があります。

また、嗅ぐとスーッとするので、鼻がつまった時などに嗅ぐと楽になります。

喉が痛い時になめるのど飴にも、ミント成分が入っているものが多いですね。

まとめ

冬は空気が乾燥します。

喉を乾燥から守って、繊毛運動を活性化させて、風邪に負けない体をつくりましょう。

たけしの家庭の医学2017年12月12日放送の別テーマはこちらです↓

>>【たけしの家庭の医学】ひざ痛にはアボカド!マル秘成分と○○油で効果アップ

>>【たけしの家庭の医学】夜間頻尿の原因は寝る前の入浴?長引く咳はホコリが犯人!?

スポンサーリンク