【たけしの家庭の医学】免疫力UPは体内の毛をフサフサにすること!毛を増やす栄養素とは

たけしの家庭の医学 免疫 絨毛

2018年6月12日放送のたけしの家庭の医学は、弱った免疫力をアップするという、ある臓器の毛に着目します。

当サイトマミィでは、番組テーマに沿った内容で独自に調べた情報をお届けしていきたいと思います。

スポンサーリンク

免疫とは?

はじめに、免疫とは何かについて簡単に説明します。

免疫は生物に備わっている防御反応のことで、病原菌や細菌など体内に入り込んだ異物を攻撃して排除する機能です。

規則正しい生活や健康的な食習慣によって免疫力はUPする一方、不規則な生活や乱れた食生活、加齢などが原因で低下することもあります。

疲れがなかなか抜けない、季節の変わり目に風邪をひきやすい、年々花粉症がひどくなるなどの症状は、どれも免疫力の低下によるものです。

70歳以上では、20代の頃のおよそ半分にまで低下してしまうということなので、対策が必要です。

免疫力UPのカギは小腸の絨毛(じゅうもう)

免疫力向上には、小腸の絨毛(じゅうもう)が深く関係しているということです。

小腸は食べ物の栄養を吸収する器官で、長さ約6mにもなります。

小腸の内部は絨毛という無数のひだに覆われていて、絨毛から栄養分を吸収し毛細血管を通じて全身へ栄養を送ります。

 

約1mmの絨毛にはさらに微絨毛が生えていて、微絨毛の表面積は人間の体表面籍の約5倍にもなるといいます。

絨毛の内部には血管とリンパ管が通っていますが、免疫に関係しているのはリンパ管です。

腸管には免疫細胞の50~70%が集まっているといわれています。

絨毛を元気に増やす栄養素はこれ

免疫力をつかさどる絨毛を、元気に増やす栄養素を紹介します。

番組で放送される栄養素だけでなく、一般的に良いとされているものも調べてみました。

グァーガム分解酵素(PHGG)

グァーガム分解酵素(PHGG)はインド・パキスタン地方で栽培されているグァー豆から取れる水溶性食物繊維です。

とろみの強い成分で、アイスクリームなどの食品に「増粘多糖類」として用いられることも多い食品です。

グアーガム分解物の特徴は、腸内細菌となって分解されたときに酪酸など短鎖脂肪酸をたくさん生成するという点です。

この短鎖脂肪酸は直接絨毛細胞のエネルギーとなるので、絨毛を増速させたり働きを活発にしたりします。

参考:PHGG情報センター

グアーガム分解物が手軽に摂れる、日本初のドリンクもネスレから販売されています。

グルタミン

アミノ酸の一種であるグルタミンは、小腸絨毛上皮細胞の主なエネルギー源です。

グルタミンが不足していると絨毛が短くなってしまうといわれています。

絨毛は栄養を吸収する働きと、免疫の二つの機能があるので、絨毛が弱ってしまうと栄養不足で体力が落ちる上に金やウイルスが体内に侵入しやすくなってしまいます。

グルタミンは、弱くなった絨毛を修復したり、強くしたりする栄養素です。

小麦粉・肉・魚・卵・海藻・トマトなどに含まれています。

ペクチン

野菜や果物の細胞壁に含まれる多糖類で、高いゲル形成力を持つことからゼリーやジャムなどに利用されている栄養素です。

ペクチンには「腸絨毛伸長作用」という、絨毛を伸ばす働きがあるという研究があります。

参考:食物繊維ペクチンによる腸絨毛伸長作用

乳酸菌

乳酸菌は腸の中で善玉菌となって働いたり、また善玉菌の働きを助ける役割をします。

また、腸内細菌のバランスを良好にして腸の健康を保ち、絨毛が委縮するのを防ぐ働きもあります。

乳酸菌はキムチやヨーグルトなど発酵食品に多く含まれています。

また、より健康効果を高めた乳酸菌が手軽に摂れるサプリメントも人気があります。

まとめ

免疫力は、何も対策をしないと加齢とともに落ちていきます。

いつまでも健康な体でいるためには、栄養・睡眠・運動を習慣づけることが大切です。

小腸の絨毛を増やすような食生活を心がけて、病気に負けない強い体を作りましょう。

スポンサーリンク