【ジョブチューン】肩こり・高血圧・睡眠不足に効く最強の食べ物とは!?

ジョブチューン 肩こり

2018年2月10日のジョブチューンでは、『冬に気をつけたい病気を予防・改善する最強の食べ物を名医たちがぶっちゃけ』SPです。

特に肩こりや高血圧、睡眠不足を予防・改善する食べ物について名医が解説してくれます。

そこで当サイトマミィでも、番組の内容に沿って独自に調べた、これらの病気の改善に効果的といわれる食べ物について調べてみたので紹介したいと思います。

スポンサーリンク

肩こりの予防・改善に効果的な果物

番組では、肩こりを予防・改善できる果物を紹介します。

肩こりに効果のある果物、それはアボカドだそうです。

番組が行った実験によると、アボカドを摂ることで驚きの効果がみられたといいます。

肩こりの原因は主に、運動不足や姿勢の悪さで血液の流れが悪くなることで起こります。

凝り固まった筋肉にたまった乳酸を分解するクエン酸や、血行促進作用のあるビタミンEが多く含まれた食べ物を摂ることが、肩こり改善には良いでしょう。

アボカドには、ビタミンEがたっぷり含まれています。

肩こり治療の名医、整形外科医の中川照彦先生は、2015年に放送されたジョブチューンで、みかんなどのかんきつ類が肩こり改善におすすめと解説していました。

冬に登場する機会の多いお鍋にも、柚子をプラスすればさらに体がほぐれそうですね。

肩こり改善に!超簡単ストレッチ

さらに肩こり予防・改善のための超簡単ストレッチも紹介されます。

今回は「てっぽう」と「土俵入り」という相撲体操がふたつ、紹介されていました。

「てっぽう」は、お相撲さんが「どすこい」と手を前に突き出す動作です。

肩甲骨全体を動かすようにするのがポイントです。

左右交互に朝晩10回行うとよいそうです。

もう一つ、「土俵入り」のストレッチは両腕を90度に曲げて、肩甲骨からグッと後ろに肩を寄せます。

ひじを伸ばして胸の前で手のひらを合わせ、手のひらを上に向けて横一直線に広げます。

最後に肩を回して手のひらを下に向けておろすことを、朝晩5回行うとよいそうです。

先述の中川先生が以前のジョブチューンで紹介していたのは、「大谷翔平体操」という肩甲骨のストレッチでした。

※中川先生は、かつて大谷翔平選手が所属していた日ハムのチームドクターです。

この体操は、両手の甲を腰に当てた状態で、両肘をできる限り胸の前まで近づけ、そのまま3秒キープするというものです。

肩こり改善に役立つストレッチのコツは、肩甲骨を意識することです。

肩甲骨が柔らかいと、肩の関節が動きやすくなり、体も温まるといいます。

高血圧を予防する食べ物

心不全や脳梗塞など突然死を引き起こす、高血圧を予防する食べ物を紹介します。

番組で紹介されていたのは「酢ピーナッツ」という、ピーナッツをお酢につけたものです。

解説を担当する番組名医は、渡辺尚彦先生です。

渡辺先生の著書『酢ピーナッツでやせる!血管を強くする』でも、酢ピーナッツにはコレステロールや中性脂肪を減らし、血管を強くする働きがあることが紹介されています。

渡辺先生は、以前テレビ番組で「ぶどうジュース」を勧めていました。

100%のぶどうジュースには、体内での一酸化窒素の発生を促進する働きがあるから、との理由でした。

一酸化窒素(NO)は血管を広げる作用があり、血液が流れやすくなるのでその結果、血圧が下がるということです。

一酸化窒素(NO)を増やす栄養素は、背の青い魚(いわしやサバなど)のEPAや、ブルーチーズに含まれるラクトトリペプチドなどだそうです。

また、生姜やトウガラシなどの香辛料も血管を拡張して血行を良くするのでおすすめということです。

渡辺先生は高血圧改善に関するたくさんの本を出版しています。

高血圧予防のための食事の紹介や、聞くだけで血圧が下がる本などユニークなものもありますので是非ご覧ください。

>>楽天市場:高血圧をもっと下げる新常識

>>Amazon:高血圧をもっと下げる新常識

こちらが聞くだけで血圧が下がるCDブックです。

>>楽天市場:聞くだけで血圧が下がるCDブック

>>Amazon:聞くだけで血圧が下がるCDブック

スポンサーリンク

睡眠不足解消!寝つきを良くする食べ物

放送では、食べたその日に寝つきがよくなる食べ物が紹介されています。

近年、少しずつ睡眠不足が蓄積されて深刻な状態になる「睡眠負債」が大きな問題となっています。

質の良い睡眠のために、積極的に食べた方がいい食べ物とは一体何なのでしょうか?

番組名医は、睡眠に詳しい精神神経科医の古賀良彦先生です。

睡眠負債を予防・解消するには、キムチを食べるとよいそうです。

キムチにはGABAというアミノ酸の一種が豊富に含まれており、脳の興奮を抑えて気持ちをリラックスさせる効果があります。

古賀先生の著書『熟睡する技術』の中で、先生がおすすめしているのは牛丼+卵だそうです。

夜ぐっすり眠るためには、昼間に脳をしっかり働かせることが大切で、それをサポートしてくれる栄養素が肉や卵に含まれるアラキドン酸なのだそうです。

だからぐっすり寝たいときは、ランチに牛丼と卵を食べて、夜の寝つきに備えるといいかもしれませんね。

>>楽天市場:熟睡する技術一覧

>>Amazon:熟睡する技術一覧

まとめ

今回は、肩こりの予防・改善、高血圧の予防・改善、さらに寝つきの良くなる食べ物を紹介しました。

肩こりも高血圧も睡眠不足も、健康のために良くないばかりか、どれも調子の悪さという症状に現れる辛いものばかりです。

今回紹介された方法を、ぜひ日常生活でも活かしてみてくださいね!

関連記事

スポンサーリンク