林修の今でしょ講座!サバ缶で認知症予防&脂肪燃焼!イワシ缶・鮭缶にも注目

今でしょ講座 2018年10月23日

2018年10月23日の林修の今でしょ講座は、「魚の缶詰」の栄養パワーを徹底的に学ぶスペシャルです。

今ブームのサバ缶やイワシ缶、鮭缶に注目し、それらの栄養素について解説していきます。

当サイトマミィでも番組内容に沿った形で、魚の缶詰の栄養成分について調べてみました。

スポンサーリンク

サバ缶で認知症予防・脂肪燃焼

今でしょ講座 鯖缶

サバ缶には認知症予防や脂肪燃焼、骨を丈夫にする働きがあることがわかりました。

サバの缶詰は、サバの切り身をそのまま缶に詰めて調理されるため、栄養が外に逃げません。

そのため、サバの栄養を丸ごと摂ることができ、カルシウムはなんと生魚の43倍にもなるということです。

カルシウムは骨を丈夫にする栄養素として欠かせないので、サバ缶には骨を丈夫にする効果が期待できます。

 

また、サバにはDHA・EPAというオメガ3脂肪酸が豊富に含まれています。

DHAやEPAは青魚に多く含まれる栄養素ですが、このDHA・EPAは、認知症予防や中性脂肪の減少、動脈硬化の予防など高い健康効果のある栄養素です。

お刺身など生で食べる方が栄養が逃げないといわれていますが、サバ缶を煮汁ごと利用すれば、煮汁に溶けだしたDHAやEPAも余すことなく食べられるのでおすすめです。

イワシ缶で血管を老けさせない

今でしょ講座 鰯缶

イワシ缶には血管を老けさせない効果があるということです。

イワシも青魚なのでもちろんDHA・EPAが豊富です。

サバの栄養でもお伝えしたように、DHA・EPAには認知症予防や中性脂肪の減少、動脈硬化を予防する働きがあります。

とくにEPAには血管や血液を健康に保つ働きがあるので、積極的に摂りたい栄養素といえます。

鮭缶でカゼ予防

今でしょ講座 鮭缶

鮭缶にはカゼ予防の効果が期待できるということです。

鮭の栄養といえば、赤い身の色素アスタキサンチンです。

アスタキサンチンは抗酸化力に優れ、そのパワーはビタミンCの6000倍ともいわれています。

 

アスタキサンチンが活性酸素を除去してくれるので、体の炎症を抑え、かぜの予防にもつながります。

美肌成分として化粧品などにも利用されていることからも、美容と健康に役立つ栄養素といえるでしょう。

皮の部分はコラーゲンが豊富なので、すべて食べることをおすすめします。

スポンサーリンク

魚缶のメリット3つ

今でしょ講座 魚の缶詰

魚を、生ではなく缶詰で食べるメリットを改めて3つあげてみたいと思います。

1.栄養価が高い

魚缶は、取れたての魚を栄養が失われないうちにすぐに調理しているため、栄養価が高いです。

また、缶に詰められた状態で加工されるので栄養が逃げずにそのまま閉じ込められています。

2.保存がきく

缶に密閉された状態で加圧と加熱殺菌されているので、保存料なしでも長期保存が可能です。

3.調理が楽

魚缶はあらかじめ下処理してあるので、調理の手間が省け、簡単に魚料理が完成します。
このようなメリットがあり、さらにおいしいとくれば、魚の缶詰を活用しない手はありませんね。

まとめ

魚離れといわれる一方で、魚の缶詰がブームなのはやはり、その手軽さと栄養の高さが一因のようです。

水煮缶ならアレンジ次第で和食にも洋食にも使えるので便利ですね。

においも気にならず、キッチンも汚れないので、毎日の食卓に活用してみてはいかがでしょうか。

今でしょ講座もう一つのテーマ、『健康長寿がよく飲むお茶ベスト10』もあわせてどうぞ!

スポンサーリンク