林修の今でしょ講座!健康長寿ベスト10最強のお茶は? 2018年10月23日まとめ

今でしょ講座 お茶

2018年10月23日の林修の今でしょ講座は、「健康長寿がよく飲むお茶ベスト10」です。

様々なお茶の特徴や栄養の違いなど、「お茶」に関する日常の疑問を検定問題で楽しく解説します。

そこで当サイトマミィでも、番組内容に沿った形でいろいろなお茶のアレコレをわかりやすく解説したいと思います。

スポンサーリンク

健康のために良いお茶の種類は?

番組では、健康長寿1000人が良く飲むお茶をベスト10形式で紹介しています。

お茶は、その種類によって、血管・血糖値・腸活性などさまざまな健康効果が得られるということです。

番組で「健康長寿が良く飲むお茶」第1位に選ばれた緑茶をはじめ、麦茶、玄米茶、ルイボスティー、どくだみ茶の健康効果について調べてみたので順番に紹介していきますね。

緑茶は血管を老けさせない

今でしょ講座 緑茶

健康長寿に最もよく飲まれているという緑茶は、血管を老けさせない効果があるということです。

緑茶の栄養素といえば、カテキンです。

カテキンはポリフェノールという抗酸化物質で、その働きは血中コレステロールの低下やがん予防、認知症予防などたくさんのことが期待できます。

 

番組では「緑茶が血管を老けさせない」として紹介されますが、1日5杯または800ml以上の緑茶の摂取で血管の弾力性が改善するという研究結果もあります。

日経メディカルより:https://medical.nikkeibp.co.jp/inc/all/hotnews/archives/365711.html

緑茶の抗酸化成分はカテキンだけでなくビタミンCも豊富なので、細胞の炎症を抑える効果が期待できることからも、健康のためにぜひ飲みたいお茶であるといえるでしょう。

飲み過ぎに注意!緑茶を飲むときに気をつけたいこと

緑茶にすごい健康パワーがあることがわかりましたが、気をつけたい点もいくつかあります。

まず、緑茶には摂り過ぎに気をつけたい成分であるカフェインやタンニンが含まれることです。

カフェインはご存知の方も多いかと思いますが、摂り過ぎると眠れなくなったり吐き気や胃腸を悪くすることがあります。

 

タンニンはカテキンと同じポリフェノールで、適量の摂取は抗酸化のために効果的ですが、摂り過ぎると鉄の吸収を妨げるという性質があります。

1日に10杯程度なら問題ないといわれていますので、飲み過ぎには注意してくださいね。

緑茶の正しい飲み方や最も効果を引き出すための飲むタイミング、効果を高める食事の組み合わせなどを検定形式で紹介されますよ!

番組では、帝京平成大学の松井輝明教授が解説を担当しています。

スポンサーリンク

麦茶は睡眠に効果的

今でしょ講座 麦茶

夏によく飲まれる麦茶は睡眠に良いということです。

その秘密は香り成分で、麦茶の香り成分には脳をリラックスさせる効果があることがわかりました。

番組で解説を担当する杏林大学の古賀良彦名誉教授がカゴメ株式会社と行った共同研究によると、六条大麦を原料とした麦茶の香りにリラックス効果が期待できることが明らかになったということです。

 

六条大麦は、穂先に六列の種子が並ぶ大麦の種類で、たんぱく質が豊富に含まれます。

麦茶の香りは、焙煎時の過熱によってこのたんぱく質から生成されるアルキルピラジンなどの香気成分ということです。

さらに麦茶はノンカフェインなので、眠る前に飲むとリラックスして快眠できるということですね。

玄米茶で血圧改善

今でしょ講座 玄米茶

玄米茶には血圧の上昇を抑える力があります。

玄米茶は、煎った玄米に番茶と煎茶をブレンドして作られた、香ばしさが特徴のお茶です。

玄米茶の栄養成分は主にカテキン、テアニン、GABA、γ-オリザノールなどですが、これらに血圧改善の働きがあることが認められています。

また、便秘の改善やリラックス効果なども期待できます。

ルイボスティーで美容と健康

今でしょ講座 ルイボスティー

ルイボスティーはビタミンやミネラルが豊富なことから、美容と健康のために女性を中心に人気上昇しているお茶です。

特にルイボスティー特有のSOD(スーパーオキシドジムスターゼ)という酵素は抗酸化力に優れ、体の不要な活性酸素を取り除いて細胞の新陳代謝を促進してくれます。

ほのかに甘みがありますがカロリーゼロ、そしてノンカロリーなので赤ちゃんから大人までみんなで飲めるお茶です。

どくだみ茶でデトックス

今でしょ講座 ドクダミ茶

どくだみ茶はどくだみの葉を原料とした健康茶で、昔から飲まれてきたお茶です。

穂の部分に含まれるイソクエルシトリンには、利尿作用があるので老廃物を排出する働きが期待でき、むくみの解消に役立ちます。

そのほか血管を丈夫にする働きや胃腸を整える働き、美肌などにも良いといわれています。

まとめ

お茶と一口に言っても、いろいろなお茶があることがわかりました。

気分やシーンによって飲み分ければ、リラックスできるだけでなく健康効果も期待できます。

お家に何種類か常備して「今日は何を飲もうかな」と選ぶのも楽しみになりそうですね。

今でしょ講座もう一つのテーマ、『魚の缶詰パワー』もあわせてどうぞ!

スポンサーリンク