【林修の今でしょ!講座】カニかま・たまねぎ・キムチのパワーまとめ

今でしょ講座2018年9月25日

2018年9月25日放送の林修の今でしょ!講座は、「カニかま」「たまねぎ」「キムチ」の健康長寿パワーに迫ります。

そこで当サイトマミィでも番組の内容に沿って、これら「カニかま」「たまねぎ」「キムチ」の栄養素や健康パワーについて独自に調べてみましたので、番組と合わせてお楽しみください!

スポンサーリンク

筋肉を作り血糖値の上昇を抑える『カニかま』

今でしょ講座かにかま

カニかまには筋肉を発達させ、健康を増進する効果があるということで注目されています。

カニかまという愛称でおなじみの、赤い繊維状のかまぼこ、皆さん一度は食べたことありますよね。

実はあれ、カニじゃないんです。

かに風味かまぼこといって、スケトウダラなどの魚肉を加工したものなんですよ。

 

サラダや鍋物、てんぷらなどいろいろな料理で活躍してくれる便利食材ですが、もちろんそのまま食べてもおいしいですよね。

カニかまはおいしいだけじゃなく、実は栄養的にも優れた食品なんです。

原材料が魚肉であることから、白身魚と栄養の特徴がほぼ同じであり、低カロリーで高タンパク・低脂質なのが特徴です。

筋肉増強の秘密はスケソウダラにあり!

日本水産生活機能科学研究所の発表によると、スケソウダラのたんぱく質は体の中で利用されやすく、さらに筋肉を増やす効果があるということです。

そのたんぱく質のレベルは、高たんぱく質食品で知られる卵と同等以上とも言われます。

ラットを使った実験では、スケソウダラを食べることにより筋肉の合成が促進され、筋肉の増大を引き起こすことが確認され、また65歳以上の女性19人を対象に行った実験ではスケソウダラを毎日食べた19人中15人の筋肉量に増加が認められたということです。

参考:http://www.nissui.co.jp/news/20171002.html

血糖値上昇を抑える効果も

蒸した魚のすり身からできているかまぼこには、インスリンの分泌を促進して血糖値の上昇を抑える働きがあることが、東京海洋大学大学院海洋科学技術研究科の矢澤一良先生の研究によって明らかにされました。

生の魚のすり身では効果は認められず、蒸した魚のすり身というのがポイントだそうです。

参考:http://urakamizaidan.or.jp/hp/jisseki/2006/vol15urakamif-07yazawa.pdf

スタジオでは、近畿大学生物理工学部人間環境デザイン工学科で筋生理学・トレーニング科学を研究されている谷本道哉准教授が、より詳しい解説を行ってくれています。

スポンサーリンク

血管若返りや脂肪燃焼効果も?『たまねぎ』について

今でしょ講座たまねぎ

番組では、たまねぎの健康パワーを、食べ方検定から楽しく学びます。

そこで、こちらのページでも、たまねぎに関する豆知識を調べてみることにしました。

Q:たまねぎの栄養を高める調味料は何?

A:たまねぎはどんな調味料にも合う万能食材ですが、栄養面から考えると以下のような調味料と合わせるとよいようです。

●酢・・・玉ねぎの栄養素である硫化アリルと、酢のクエン酸が血液をサラサラにしてくれます。

●オリーブオイル・・・オレイン酸が豊富なオリーブオイルは悪玉コレステロールを減らしたり、腸の働きを良くしてくれます。たまねぎと一緒に合わせると、動脈硬化や高血圧の予防に役立ちます。

●味噌・・・味噌にはリノール酸、サポニン、イソフラボン、ビタミンEなどたくさんの栄養があります。たまねぎと合わせてたまねぎ味噌にすれば、万能調味料として使うことができ、たまねぎと味噌両方の栄養をそのまま摂ることができます。

Q:オニオンスライスの辛みを抜くには?

たまねぎの辛み成分である「硫化アリル」は水溶性なので、水にさらすことで辛みを抜くことができます。

ですが硫化アリルはタマネギの栄養そのものであるため、水にさらすと栄養分まで流れ出てしまいます。

水にさらさなくても、15分ほど空気にさらすことで辛みは抜けます。

Q:たまねぎは○○に切ると栄養が高まる?

A:たまねぎに限らず、野菜は細胞を壊すように切ることで栄養を無駄なく摂ることができます。

つまり線維に沿って切るよりも、繊維に対して垂直に切る方が、さらにはみじん切りにする方がたまねぎの栄養をしっかり摂ることができるのです。

たまねぎは苦手だけど、たまねぎの栄養は摂りたいという方は、サプリなどを利用するのも良いのではないでしょうか。

ヨーグルトより最強?キムチの乳酸菌

今でしょ講座キムチ

番組で調査した健康長寿のほとんどの冷蔵庫には、キムチが入っていたそうです。

キムチは乳酸菌が豊富な発酵食品です。

作りたてのキムチでは、1gあたり約100万個の乳酸菌が含まれるといいますが、数日熟成させると約10億個まで増えることもあるそうです。

 

乳酸菌は体に入ると腸の中のpHを下げるので、カルシウムや鉄、ビタミンなどの吸収がよくなります。

乳酸菌によってつくられた物質が大腸を刺激して便通も改善されます。

乳酸菌の腸での働きや、腸が健康だとなぜ長生きするのかなどについてもう少し詳しく知りたい方は、別ページも一緒にご覧ください。

まとめ

健康長寿に役立つ食材として、今回は「カニかま」「たまねぎ」「キムチ」が取り上げられました。

どれもスーパーで簡単に手に入りやすく、しかも高くない食材です。

冷蔵庫に常備しておけばいろいろな料理に使えるので、覚えておくと便利ですね。

スポンサーリンク