ガッテン!唾液で口臭予防!ドライマウスの原因と解消法2018年7月4日

ガッテン 口臭 ドライマウス

2018年7月4日のガッテン!は『免疫力アップ&口臭予防!唾液パワー全開SP』です。

虫歯や口臭、肺炎も予防するスゴイ力を持った唾液の秘密や、ドライマウスについて徹底解明します。

そこで当サイトマミィでは、番組テーマに沿ったかたちで唾液やドライマウスについてさらに調査してみました。

スポンサーリンク

唾液について

はじめに、唾液についてその働きを簡単に解説します。

唾液はいわゆる『つば』のことで、唾液腺から分泌される体液の一種で、1日に約1~1.5リットルも分泌されているといわれています。

食べ物の消化を助けたり、味を感じやすくしたりする働きがあるのは広く知られるところですが、まだまだたくさんのすごい働きがあるんです。

虫歯予防

唾液には、口の中の汚れを洗い流す作用があります。

また、口の中が酸性に傾くと細菌が活動しやすく、虫歯や歯周病になりやすくなりますが、唾液は酸を中和して口の中のphを安定させてくれます。

さらに、歯を再石灰化する力もあるので、初期の虫歯を修復してくれる働きもあります。

口臭予防

唾液が口臭を予防する理由には、口内の汚れを洗い流す作用の他、唾液に含まれる酸素や酵素の力によって殺菌・抗菌してくれることがあげられます。

肺炎予防

近年増えている誤嚥性肺炎は、飲み込む力が弱くなった高齢者に多く、唾液や食べ物が食道ではなく気道に入り、肺に流れ込むことが原因で発症します。

唾液には食べ物を流動的にして飲み込みやすくする働きだけでなく殺菌作用もあるので、しっかり唾液が分泌されていれば細菌が肺に入り込むことを防げます。

育毛効果?

ドイツには、牛に頭をなめさせると毛が生えるということわざがあるそうです。

また、コロンビアでも牛に頭を舐めてもらうという理容法があるといいます。

これは、牛の唾液に含まれるシアル酸に育毛・発毛効果があると考えられているからということです。

スポンサーリンク

ドライマウスとは?症状や原因

つづいて、口の中が渇くドライマウスについて説明します。

ドライマウスは、唾液の量が減り、口や喉が乾燥してしまうことで味覚障害や口内炎、口臭などさまざまなお口のトラブルのもとになります。

日本では約800万人がドライマウスの症状に悩んでいるといわれています。

ドライマウスの原因は、一般的に次のようなことがあげられます。

口呼吸

本来、呼吸は鼻でするものですが、鼻づまりなどで口呼吸のクセがついていると、乾燥した空気が口の中に大量に入ってくることになります。

口がたえずあいた状態だと当然、口の中が乾いてしまいます。

ストレス

ストレスを感じていると、常に体は緊張状態になっています。

緊張すると口がカラカラに渇く、といった経験をされた方も多いと思いますが、これは交感神経と副交感神経のバランスが崩れるために起こる現象です。

そのため、日常的なストレスがドライマウスの原因となるのです。

食生活

唾液は、ものを噛む刺激で分泌がさかんになります。

柔らかいものばかり食べていると、あまり噛む必要がないので唾液の分泌が減ってしまいます。

日常的にこのような食生活を送っている人は、唾液が出にくくなっている可能性があります。

病気

糖尿病や高血圧などの生活習慣病の人はドライマウスになりやすいといわれています。

薬の副作用によっても、唾液が出にくくなる場合もあります。

また、シューグレン症候群という自己免疫の異常によって起こる病気も、ドライマウスの原因になることもあります。

加齢

唾液の分泌量は加齢とともに減ってしまいます。

それに加えて硬いものが噛めなくなってくるので、刺激による唾液分泌も減ってしまいドライマウスになりやすくなります。

スポンサーリンク

ドライマウスの解消法&予防法おすすめ3選

ドライマウスの解消法や予防法を3つ、紹介します。

ガッテン!では最新治療を紹介していますが、こちらでは日常的に簡単にできるケアをピックアップしたいと思います。

ドライマウスの症状を感じたら、まずその原因をとりのぞくことを第一に考えましょう。

 

「最近ストレスが多いな」「よく噛んで食べていないな」「気づくといつも、口が開いているな」など、ドライマウスの原因として思い当たることからまず改善していくようにします。

ストレスを感じていたらスポーツやショッピングで気分転換する、食べ物を意識して噛むようにする、口を閉じる練習をする、などです。

それと同時に、唾液の分泌を促すために、次のような3つのことを行うとさらに効果的です。

1.ガムをかむ・あめやトローチを舐める

ガムを噛んだりあめを舐めると、自然と唾液が分泌されます。

食事と食事の間、口の乾きを感じたらガムかあめで唾液を出しましょう。

ただし、砂糖たっぷりのものだと常に口の中が酸性になってしまって、逆に虫歯になってしまう可能性もありますので、酸を作らないキシリトール配合のガムやあめを選びましょう。

また、口臭・ドライマウス予防のトローチを舐めるのもおすすめです。

2.唾液腺のマッサージ

唾液腺は3か所、耳下腺(耳の下)・顎下腺(あごのエラ部分から約3センチ内側)・舌下腺(アゴ下、舌の付け根の部分)です。

強すぎない力で数回プッシュすると、唾液が出てくるのを感じられるはずです。

3.スプレー

ドライマウス専用のスプレーを使うのも手軽で効果的です。

ドライマウス専用スプレーは、口の中にシュッとスプレーするだけで汚れを取り除いてお口にうるおいを与え、乾燥を防ぐというものです。

ただし、飲み込んでしまうことを考えるとどんな製品を使ってもいいというものではなく、安全性の高いものを選ぶべきです。

有機認証済みのオーガニック成分のみを使用したマウススプレーなら安心です。

まとめ

唾液には、私たちの健康を保つためにいろいろな働きがあることがわかりました。

唾液の分泌を減らさないよう、日々の生活や健康管理について今一度、見直してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク