捨てるタイミングはいつ?子供の絵、工作、おもちゃの捨て時を見極めよう

整理

子供が保育園や幼稚園、学校から持ち帰ってくる、たくさんの絵や工作って、増えていく一方ですよね。

頑張って作ったものだから捨てたくないけれど、全部取っておくほどのスペースなんてない。

捨てるタイミングがわからない、そんなママたちのお悩みを解決します!

スポンサーリンク

増え続ける子供の絵や工作、どうしてる?

子供の絵

気づけばどんどん増えていくばかりの子供の作品、皆さんは全部取ってありますか。捨てていますか。

置いておく場所があればいいですが、捨てたいけど捨て時がわからないママのために、収納術や処分術について提案します。

モノ別 収納術・処分術

ごみ箱

モノ別に収納術や処分術をあげていきますね。

今の主流は、写真で保存しているお家が多いです。

データとして保存すれば、場所も取らないしいつでも好きな時に見返すことができますしね!

 

子供にも、「いついつまでは取っておくけど、それを過ぎたら写真の中に入れちゃうよ、本物とはバイバイね」ってちゃんと説明してくださいね。

写真を撮るときのポイントは、明るい場所で撮影することです。

できれば吊るして、自然光で撮影するときれいに撮ることができますよ。

また、小さめの絵や習字などは、スキャナで取り込むと便利です。

収納術 ファイルなどを使ってもよいですが、かさばるので穴あけパンチで穴をあけ、つづり紐を通します。

年度の終わりに一番上に画用紙で表紙をつければ、その年の絵本のできあがり。

これなら見やすくてばらばらになることもありません。

 

あと、私がやっていたのは、大きめのコルクボードをホームセンターで買ってきて、そこにピンでペタペタ張っていくという方法です。

重なっいてもずれていてもよく、むしろランダムに張っていく方がお洒落というか味のある作品になります。

子供の絵って独創性があるので、わりと恰好いいインテリアになってますよ!

工作

お家での展示期間を決めましょう。

1週間なら、1週間だよと子供とお約束します。

1週間飾った後、写真を撮ります。

そのあと、子供の見ていないときにそ~っと、捨ててください。

テスト

テストも絵と同様、つづり紐で綴じます。

テストは取っておかなくてもいいやって人は、スキャナで取り込むか写真で残しましょう。

おもちゃ

おもちゃもどんどん増えていきますよね。

対象年齢3歳、なんていう物でも、子供のお気に入りであれば5歳になっても6歳になってもそれで遊んだりします。

だから、今遊んでいるものやお気に入りのものがどれであるのか、ママはしっかり把握してくださいね。

 

まず、よく遊んでいるおもちゃと全然遊んでいないおもちゃを別々の箱に入れます。

出しておくのはよく遊ぶおもちゃだけにして、使わないおもちゃは見えないところに片づけてしまいましょう。

その状態で1週間くらい様子を見ます。

 

もしもその間、「ママ、あのおもちゃどこだっけ?」なんて聞かれたら、そ知らぬふりしてそーっと戻してあげてください。

何も言いださなければ、思い切って捨てちゃいましょう!

データの整理方法

データ

データにした作品を整理して保存する方法について解説します。

写真で残す方法も、作品の数だけデータはたまっていきます。

せっかっく撮りためたデータを誤って消してしまわないように、定期的にバックアップを取るようにしましょう。

きちんとタイトルに「日付・イベント名(運動会とか)・子供の名前(兄弟姉妹いる場合)」を忘れずに入れましょうね。

保存方法には次の種類があります。

  • パソコン本体に保存
  • 外付けハードディスクに保存
  • CDやDVD、USBメモリに保存
  • クラウドサービス(インターネット上の保存スペース)

子供の机の引き出しをマメにチェックしよう

机の引き出し

子供の机の引き出しの中、たまにはチェックしてみましょう。

思わぬお掘り出し物が出てくるかもしれません?!

お宅のお子さん、ため癖ありませんか?

 

うちの子は、机の上はきれいだったからあまり気にしていなかったのですが、ある日授業参観に行ったとき、子供のお道具箱開けてみたんですよね。

そしたら、クレヨンの箱は閉まっていないわ、お道具箱の隅っこにぐちゃぐちゃになったテスト用紙が挟まってるわ、それはそれはすごいグチャグチャっぷりでした(>_<)

家に帰ってから、もしやと思い机の引き出しを開けてみたんですよね。

 

予感的中、消しゴムの割れたやつだとか学校で配られたプリントだとか、引き出しの奥に行けば行くほどいろんなものが出てきたんです。

一つ一つ確認して処分しましたが、子供が小さいうちは、月に一度でいいから一緒に引き出しの中を整理するようにした方がいいですね。

まとめ

自分のことを振り返った時、実家の押入れの中から子供時代の絵やテストが出てくると、凄く懐かしくなって嬉しいですよね。

今は写真もデータで残せる時代です。

場所を取る心配もないので子供の大切な成長記録としてちゃんと保存してあげましょうね。

スポンサーリンク