こんなに簡単!制服を自宅で洗濯する方法

学生服の洗濯

学生服のクリーニング代って、結構バカにならないんですよね。

お家で簡単に洗濯できたら楽だし節約にもなります。

ここではお家でできる簡単クリーニング方法をご紹介していきます。

スポンサーリンク

学生服のホームクリーニング

学生服

早速、お家での学生服の洗い方とお手入れについて解説します。

お家で洗うメリットは、汗や皮脂などの汚れもしっかり落ちるということでしょう。

ドライクリーニングでは、汗などの水溶性汚れはきれいになりません。

すっきりさっぱり、きれいになって節約もできるホームクリーニングはとてもお勧めですよ。

洗濯表示を確認しよう

洋服の裏地には必ず、ケアラベルと呼ばれるタグが付いています。

そこの表示に

洗濯不可マーク

これがついていると、残念ながらお家での水洗いができません。

 

洗濯機マーク

これは洗濯機で洗えます。

表示は「弱い水流で、水温30度以下、洗剤は中性洗剤を使用」という意味です。

洗濯機には、ウールコースとか手洗いコースというモードがありますよね。

あれを使えば問題なしです。

 

手洗いマーク

手洗いしてくださいという表示で、洗濯機洗いはできません。

そして表示の意味は「30度以下の水温で、中性洗剤使用」です。

下準備

ポケットの中を確認し、空っぽにします。

意外といろんなもの出てくるんですよね、ガムとか小銭とか…

あと、くれぐれもポケットティッシュなんて入っていることのないように、絶対に出してくださいねー!

(ご存知かと思いますが、ボロボロになって張り付き、大変なことになります)

 

制服をブラッシングして埃を取ります。

なければガムテープやコロコロで。

※ファスナーやホックは全部閉めておきましょう。

※スカートのプリーツはクリップでとめておきます。

洗濯

いよいよ洗濯です。

必ず学生服だけ、単独で洗ってくださいね。

ブレザーや学ランは袖や裾など汚れている部分が上になるようにたたんでネットに入れます。

 

ズボンやスカートは、なるべくタックやプリーツを壊さないようにたたみ、ネットに入れます。

ネットに入れたら、洗っている最中にネットの中でくしゃくしゃにならないよう上からクリップで挟んでとめます。

洗剤は表示に従い中性洗剤を使用します。

 

お洒落着洗いやウールマーク用、ホームクリーニング用などドラッグストアに行けば簡単に手に入ります。

そして、洗剤はあらかじめ水に溶かしておいてくださいね。

洗濯機でしたら、そのまま弱水流で回せばOK。

 

手洗いの場合、沈めて浮かせる、の押し洗いが基本です。

すすぎは、きれいな水で20~30回くらい「沈めて浮かせる」を繰り返してください。

脱水は、しわや型崩れを防ぐため30秒以内にしましょう。

干す

洗濯(脱水)が終わったらすぐに干しましょう。

軽くたたいて形を整え、風通しの良いところに陰干しします。

上着は、タオルを巻きつけたハンガーにかけると肩の部分に痕がつきません。

スカートやズボンは、はさむタイプのハンガーで吊るします。

アイロン

低めの温度で、必ず当て布をしてアイロンをかけましょう。

当て布をしないで高熱でアイロンがけをすると、テカリの原因になりますよ。

スカートのひだにつけていたクリップが痕になっているようであれば、そこだけ重点的に伸ばします。

つるつるテカテカを予防したい

スカートやズボンのお尻や裾が、つるつるテカテカになっているのって、格好悪いですよね。

あれって、座るなどして同じ部分がこすれたり、間違ったアイロンがけが原因なんです。

気が付いたらこまめにケアしましょう。

 

毛足の長いブラシ(洋服用ブラシ、なければ歯ブラシでも)で押しつぶされた繊維を起こします。

そのあと、エチケットブラシ(ほこりを取るブラシ)をかけてあげれば、かなり元通りになります。

 

他にも、ブラッシングのあとスチームアイロンでたっぷりのスチームを当てる方法や、メラミンスポンジでこする方法もあります。

ブラシやスポンジでこするときには、力を入れすぎないよう注意してくださいね。

まとめ

制服は毎日着るものなのに、頻繁にクリーニングにも出せないし、困ったなぁというママには大変うれしい裏技ですね。

やはり、水溶性汚れがちゃんと落ちること、これが学生服のお家洗い最大のメリットだと思うんですよね。

 

私の場合、アイロンがけが苦手なので、家で軽く洗ってからクリーニング屋さんに持っていくこともあります。

ケアラベルで水洗いができるかどうかの確認さえクリアしたら、一度軽い気持ちで試してみてください。

うまくいかなかったらクリーニング屋さんに持っていけばいいんです。

それくらい気軽な気持ちでトライしてみてくださいね!

スポンサーリンク