脚のむくみはコレで解消!新幹線の移動でもつらくないむくみ解消法

新幹線

帰省のシーズン、新幹線で長距離移動!という親子も多いのではないでしょうか。

私も今までは、長距離移動で脚がむくむのが本当に辛くて困っていました(>_<)

飛行機や車でもそうですが、長い時間同じ姿勢でいると、脚が痛くなるほどパンッパンになってしまって、その後歩くのにも支障が出るほど。

そんな私がいろいろ試して効果のあった、同じ姿勢で長い時間座っていてもむくまない方法をご紹介します!

スポンサーリンク

新幹線で脚がむくむのはなぜ?

新幹線で脚がむくんでしまう原因です。

脚がむくむのは、ズバリ血流が悪いことが原因です。

心臓から送り出された新鮮な血液は全身にいきわたった後、今度は二酸化炭素や老廃物を回収して再び心臓に戻されます。

 

末端である脚は心臓から遠い位置にあるので、ただでさえ戻るのが大変なうえ、重力にも逆らって流れていかなくてはなりません。

通常はふくらはぎの筋肉がポンプの役割をして、心臓へ血液を戻す力となって働きますが、新幹線のように長時間座りっぱなしの姿勢だと筋肉が動きません。

すると血液やリンパ液の流れが滞ってしまい、脚に水分がたまって「むくみ」となるのです。

脚のむくみを予防する方法

長時間同じ姿勢でいても、脚がむくみづらくなる方法です。

服装など「1.準備が必要なもの」とその場でできる「2.軽い運動」をご紹介しますね!

1.準備が必要なもの

服装:締め付け感のないものがいいです。

締め付けが強いと、ただでさえ血流が悪いのに余計に流れを妨害してしまいます。

×→スキニージーンズ・ブーツ

 

靴下:サポートタイプや着圧ソックスがオススメです。

個人的には5本指靴下が、指が動くので好きです(^^)v

 

アイテム:ゴルフボール

これは、次に紹介する座ってできるマッサージに使います。

あると絶対いいので、100均のでもいいから用意してください!

2.軽い運動

足首曲げ伸ばし

① 膝を伸ばして足首を90度に立てる

② 膝を伸ばした状態でつま先をまっすぐ伸ばす(太ももからつま先まで一直線になるように)

③ ①と②を数回繰り返す

「疲れたなぁ~」と感じたらこの動きをしてみてください。

座席一人分のスペースでできるので誰にも迷惑かかりません(^_-)

 

かかと靴乗せ

靴を脱ぎ、普段履くのと反対向きにします。

(靴のつま先をかかと側に、かかと側をつま先の方に向けます)

履き口(靴の開いたところ)にかかとをすっぽりはめるようにして足をのせます。

すると、ふくらはぎがピンと伸びて、つま先が上を向いた状態になりますね。

こうしておくだけで、座ったままでも足がだいぶ楽になるんです!

 

ゴルフボールころころ

座席の膝が当たるところと膝の裏の間に、ゴルフボールを挟みます。

その状態でボールを落とさないように膝を動かしてみてください。

すごく気持ちいいはず!

 

膝裏にはリンパ節があり、大きく太いリンパ管が集中している部分です。

ここを刺激してあげると、滞っていたリンパが流れやすくなって、脚のむくみが解消されるというわけなんです。

太ももとおしりの境目や、太ももの裏側でコロコロしても気持ちいいですよ!

また、手にもってふくらはぎを転がしても効果あります。

3.その他

脚のむくみには水分補給が大事!

むくみは水分がたまるから飲まない方がいいって思ってる人、結構多いんです(*_*)

でも、むくみっていうのは、体の中の水分循環が悪いために起こるもの。

 

喉は乾いていなくても、体の内側が「水が足りないよ~」という状態の時は、細胞の中に水分をため込もうとします。

また、体の水分が足りないと血液やリンパの流れも悪くなり、それがむくみになって現れます。

新幹線の車内は意外と乾燥しているので、のどの渇きを感じなくても水分補給をしましょうね!

まとめ

ここに紹介した方法は、新幹線の移動だけじゃなく、映画館やオフィスなど座りっぱなしでつらいときにも効果的です(^^)v

しかも、スクワットのように目立たず、地味~なものばかりなので、周りからみても気づかれにくいというメリットもあります。

むくみが解消されるだけで疲れ方も全然違うので、ぜひお試しくださいねっ(^^)/

スポンサーリンク