オメガ3系脂肪酸という魚や植物種子などに含まれる必須脂肪酸は、私たちの健康に欠かせない大切な栄養素です。

「良い油」「悪い油」に分けるとすれば「良い油」に分類され、適量の摂取で血液や血管を若々しく保ったり、頭の働きをサポートしたりととても素晴らしい成分なので、ぜひとも摂りたい油です。

そこで、食事だけだと不足しがちなオメガ3を効率的に摂るためにオススメなのが、オメガ3サプリです。

オメガ3とは何か、オメガ3サプリの選び方やおすすめサプリなどオメガ3について吟味した内容を余すとこなくお伝えしていきますね。

オメガ3とは

オメガ3とは

オメガ3はオメガ3系脂肪酸と呼ばれ、体内で合成できない脂肪酸のため、食事などから継続的に摂取する必要があります。

オメガ3系脂肪酸は植物性油脂に含まれるαリノレン酸と、魚油に多く含まれるEPA・DHAに分類されます。

αリノレン酸は体内に入るとEPA・DHAに変換されます。

厚生労働省『日本人の食事摂取基準(2015年版)』では、オメガ3系脂肪酸不足がすると皮膚炎などを発症するとあり、反対に適切な摂取で生活習慣病の予防に役立つ、とあります。

これを受けて、18歳以上の日本人の望ましいEPA及びDHAの摂取量は男性で2.0~2.4g、女性で1.6~2.0gとされています。

(平成17年及び18年国民健康・栄養調査をもとにしたデータでは、1g/1日とされています)

オメガ3サプリの選び方

オメガ3サプリの選び方

オメガ3サプリの選び方を紹介します。

オメガ3系脂肪酸を効率よく摂取するためには、サプリメントが有効です。

ですが、一口にオメガ3サプリといっても何十種類、海外製品も合わせたら何百種類もの商品がそろう、巨大マーケットです。

ためしに「オメガ3 サプリ」と検索してみると、比較サイトも含め何十万件以上ヒットしてしまい、もう何が何だかわからなくなってしまう状況なので、飲む前に挫折してしまったという方も多いのが現状です。

そこで、オメガ3サプリを選ぶときに気をつけたいことやサプリを選ぶ基準を7つあげてみましたので、あなたのサプリ選びの参考にしてみてください。

>オメガ3サプリを選ぶ7つの基準

1.オメガ3の含有量

オメガ3(αリノレン酸またはEPA・DHA)の含有量です。

一般的に、含有量と価格は比例すると考えてよいでしょう。

ただし、キャンペーンなどの場合は特別にすごくお得になっているのでこれに当てはまりません。

2.オメガ3の原料

αリノレン酸ならエゴマ油やアマニ油など、EPA・DHAならイワシやクリルオイルなど原料となる動植物がサプリによって異なることがあります。

特長やクセなど微妙に違いますので、商品説明をよく読みましょう。

3.その他のサポート成分

純粋にオメガ3系脂肪酸のみのサプリも多いですが、そのほかに「サラサラ成分」や「スッキリ成分」なんかが配合された機能性サプリもあるので目的に応じて選びましょう。

4.安全性

まず参考になるのはメーカーです。

誰でも知ってる有名企業ならまずは安心です。

日本で販売されているサプリメントは、一定の基準を満たした工程で製造されているものがほとんどなので特に心配はいらないとは思いますが、初めて聞くようなメーカーでも優良企業はたくさんありますので、メーカーホームページを確認してちゃんとしているところを選びましょう。

5.実績や口コミの評判がよい

販売実績や購入者の口コミが良い商品は信頼できるといえるでしょう。

口コミに関してはメーカーホームページの他、当サイトでも紹介しています。

6.飲みやすさ

魚油由来のサプリの中には、特有の原料臭が強いサプリもあります。

「魚臭くない」のをウリにしている商品もあるので、気にする人は気をつけましょう。

また、サプリメントの大きさや形状も飲みやすさにかかわる基準となります。

7.値段

やはりサプリメントは毎日継続して飲み続けることが最も大切です。

長期的に続けることを考えて、自分で続けやすい価格帯のサプリを選ぶようにしましょう。

定期購入制度などを利用するとお得になるサプリもたくさんあります。

 

このようなことを基準にサプリメントを選ぶと、あなたにぴったりの商品が見つかるはずです。

それでは早速、この基準をもとに当サイト マミィが厳選したオメガ3サプリを紹介しますので、お役立てください。

オメガ3サプリおすすめランキング

当サイトが厳選しました、人気のおすすめオメガ3サプリを紹介致します!

1.大正製薬DHA・EPA

オメガ3 大正製薬

EPA含有量 200mg

DHA含有量 400mg

初回 1カ月分 1000円

おすすめポイント

・1回分ずつの個包装

・独自の製剤技術で溶けやすいカプセルを実現

・魚のニオイがしない

総評

大正製薬DHA・EPAはオメガ3の含有量も多く、EPAの割合も高く、それでいてリーズナブルなコスパ最強のオメガ3サプリです。

1回分ずつの個包装で持ち運びに便利、また製薬会社の技術で無味無臭の飲みやすく溶けやすいカプセルを実現しました。

こちらも定期コースの申し込みで初回が1000円でお試しできますが、初回のみでの解約も自由です。

2.佐藤製薬 美健知箋 DHA&EPA

オメガ3 佐藤製薬

EPA含有量 200mg

DHA含有量 550mg

初回 1カ月分 1000円

おすすめポイント

・1回分ずつの個包装

・粒が極小で飲みやすい

・EPA高含有

・定期購入でも解約自由

総評

佐藤製薬 美健知箋(びけんちせん)DHA&EPAは、直径約3の極小シームレスカプセルで溶けやすく吸収がいいオメガ3サプリです。

オメガ3の含有量も、トップクラスの多さといえます。

一般的にオメガ3サプリのほとんどがDHA含有量よりEPA含有量の方が少ないのですが、その中でも美健知箋はEPA200mg配合と群を抜いてEPA含有量が多いのが特長です。

また、DHAやEPAは酸化しやすいというデメリットがあるのですが、美健知箋は酸化防止剤として働くビタミンEとシームレスカプセル、さらにアルミ個包装という万全の品質管理で酸化防止してお届けします。

初回なんと1000円で試せる定期購入制度も、自分に合わなければ1回のみで解約OKなところも始めやすく続けやすいポイントですね。

3.日清 DHA&EPA+ケルセチン

オメガ3 日清

EPA含有量 43mg

DHA含有量 457mg

初回 1カ月分 1980円

おすすめポイント

・1日たった4粒で青魚約3匹相当のオメガ3配合

・玉ねぎのサラサラ成分「ケルセチン」配合

・生臭さを感じさせない独自処方のカプセル採用

総評

日清DHA&EPA+ケルセチンはオメガ3と玉ねぎのダブルのサラサラパワーを補えるサプリです。

青魚もタマネギも、食事で摂るとニオイが気になりますが、日清DHA&EPA+ケルセチンは独自処方で生臭さをカットしてあるので、臭いに敏感な方でも安心して飲むことができます。

初回特典を受けられるのは定期購入での申し込みですが、定期購入でも回数制限がないので初回のみで解約も可能です。

オメガ3サプリの働き

オメガ3サプリの効果

オメガ3サプリの働きについて、改めて説明します。

オメガ3は、血液や血管に働く機能性食品として販売されているサプリがあったり、厚生労働省の食品摂取基準でもオメガ3の摂取目安量が定められているなど、国を挙げて推奨されている栄養素なのです。

オメガ3サプリのパッケージを見ると「サラサラ習慣」や「すっきりクリア」「覚える力をサポート」「いつまでも若々しく」なんて書かれていたりします。

こうしたことから、オメガ3サプリをおすすめしたいのが、こんな人たちです。

>オメガ3サプリはこんな人にオススメ!

オメガ3サプリをお勧めしたい人

  • 魚が苦手
  • 食習慣が乱れている
  • 不規則な生活をしている
  • 受験生
  • 頭を使う仕事をしている
  • 健康診断が不安
  • 脂っこい食事が多い
  • 和食より洋食派
  • 運動不足
  • 美容に気を遣っている
  • 特に問題ないけど40歳を過ぎている

いかがですか、あてはまるものはありましたか?

栄養の基本は食事!ということは今も昔も大前提ではありますが、生活習慣が多様化している現在、食事だけでは不足しがちな栄養を補うためにサプリを飲むという人が増えています。

現に、消費者庁でもサプリの機能性を評価して「機能性表示食品」として認可している商品もあります。

このように、サプリメントも一般的に評価されている健康食品なので、不足分をきちんと補って、快適な生活を送りたいものですね。

オメガ3サプリの口コミ

オメガ3サプリを愛飲している人たちから口コミを集めました。

※口コミは個人の感想なので、オメガ3サプリに対しての効果効能などではありません。

※それぞれの方が飲んでいるオメガ3サプリはすべてが同じ商品というわけではありません。

30代 男性 愛飲歴1年

オメガ3は、テレビで観て自分に必要なサプリだと思ったので飲んでいます。

血液検査のナニが怖いって、血を採られる注射針より、数字がズラーっと並んだあの結果表です。

通信簿より恥ずかしいですね。

でも、テレビで魚を食べない人はオメガ3のサプリを飲みましょうって言ってたのを信じて、飲み続けること1年、最新の健康診断では小学校1年生以来のワクワク感で結果を家族に見せることができましたよ!

40代 女性 愛飲歴5年

オメガ3を知ったのは、女性誌の特集で、セレブとかモデルとかの意識高い女性が飲んでるサプリっていうことだったのに、実は魚の油って聞いてちょっと残念でした。

だったらチアシードとか、ヘンプシードとかの方がお洒落だと思って買ってはみましたが、よくよく調べるとそういったオイルよりやはり魚のDHAとかEPAなんですね。

しかも、お洒落なオメガ3より、DHA・EPAの方が安いしっ!!

セレブで刺身やカルパッチョなんかのローフードダイエットが流行ってたのも、今では頷けます。

オメガ3生活始めて、多少の飲み過ぎや食べ過ぎだったら、体型や体調に影響しなくなりました。

40代 男性 愛飲歴10年

オメガ3サプリはジム仲間から教えてもらって、流行る少し前からずっと飲み続けています。

いろんなメーカーのサプリを試し、その傾向もわかってきたところで、やっぱり思うのが有名メーカーのサプリなら間違いないことですね。

流行りの成分のサプリも確かに良かったんですが高すぎて続けられないし、だったら安定したクオリティのサプリを定期購入するのが一番だと思いまして、S社のオメガ3に落ち着いています。

オメガ3を飲むようになってから、そのほかには特に健康に気を遣った生活はしてないにもかかわらず、いろいろ調子がいいです。

50代 女性 愛飲歴?年

もともとは主人と一緒に飲み始めたオメガ3サプリですが、主人はずっと継続して飲んでるのに私は飲んだり飲まなかったりで今に至ります。

魚を食べた日は飲まなくていいやーと思って飲まないし、あと個包装のサプリなのに旅行の時は持ってかなかったり。

その点主人はまじめに、ちゃんと毎日飲んでるみたいですね。

数カ月ごとにパッケージが変わるので、いろいろ試してるのかもしれません。

この前一緒に受けた人間ドックでは、先生から「ご夫婦食事は別々ですか?」と聞かれてしまったくらい、なんだか数値がかけ離れてしまったようです。

主人からも、ちゃんと毎日飲むようにとキツく言われてしまったので、今はタイマーをセットして、毎日夜9時に飲むようにしています。

60代 女性 愛飲歴20年以上

漁場生まれなので魚は子供のころからたくさん食べ、オメガ3サプリなんて全然メジャーじゃない頃から毎日飲んでいました。

自分ではこの生活が当たり前なので、お友達や知り合いからの評価を書きます。

「40代に見える」とよく言われるし、温泉で測った血管年齢は29歳、血圧も低め安定です。

大きな病気もしたことはなく、他の人に「何かしてるの?」と聞かれれば、せいぜい規則正しい生活とオメガ3くらいでしょうか。

今回口コミ投稿するにあたって、自分では特に意識してなかったことでも大事な意見になるのだなと思いました。

オメガ3のサプリを飲んで得られた喜びの声を紹介してみました。

また、それぞれのサプリの個別の口コミもぜひご参照くださいね!!

脂肪酸の種類

オメガ3種類

脂肪酸の種類を説明いたします。

私たちが油、脂肪と呼んでいる成分は正確には「脂肪酸」といい、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分けられます

飽和脂肪酸はバターやラードなどの動物性脂肪で、常温で固まりやすい性質があります。

不飽和脂肪酸は植物油や魚油など常温でも液状の油です。

不飽和脂肪酸はさらにオメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸、オメガ9脂肪酸に分けられ、そのうちオメガ6とオメガ3は体内で作ることができないため、食品から摂取する必要があります。

オメガ9はオリーブオイルなどオレイン酸を多く含む油で、体内で生成できることもあり、まず不足することはないといえます。

>オメガ3とオメガ6について「割合が大切!」

体内で生成できない必須脂肪酸、オメガ3とオメガ6についてさらに詳しく解説します。

オメガ6はリノール酸を多く含み、オメガ3より安定性が高いのが特長です。

コーン油や紅花油、大豆油、ひまわり油、ゴマ油などはオメガ6で、調理に頻繁に使われるため普通の食生活では不足よりも過剰摂取に気をつけたい油です。

 

一方オメガ3は、EPA・DHA、αリノレン酸を含み、不安定で酸化しやすいという特徴があるデリケートな油です。

魚油やアマニ、えごま、くるみなどに含まれています。

オメガ3を1000mg摂るためには、魚に換算すると約90g食べなくてはいけません。

魚90gというと、大きめの切り身1切れ、小ぶりの生サンマ1尾くらいの量です。

健康維持のためには、毎日このくらいの量の魚以上の、EPA・DHAが必要なんですね。

 

さらにオメガ3とオメガ6は摂取バランスが大切です。

理想とされるのがオメガ3:オメガ6=1:4です。

オメガ6はそれほど意識しなくても大丈夫なので、オメガ3をできるだけ多く摂るように心がけましょう。

オメガ3多く含む食べ物

オメガ3は青魚に多く含まれています。

omega3-tabemono

またナッツ類(くるみ・アマニ・えごま・ヘンプシード・アーモンド・チアシードなど)にも含まれています。

αリノレン酸は毎日スプーン1杯の油で摂るという方法もあります。

αリノレン酸を多く含む植物油には次のようなものがあります。

  • えごま油
  • 亜麻仁油
  • サチャインチオイル
  • チアシードオイル
  • カメリナオイル
  • ヘンプシードオイル

また、最近話題のオキアミから抽出したクリルオイルや、アザラシのハープシールオイルなどを原料としたサプリも人気があります。

オメガ3は熱に弱いので、魚ならお刺身で、オイルならドレッシングなどで摂らなければいけません。

サチャインチオイルやカメリナオイルは加熱にも強いオメガ3系オイルということで使いやすいオイルです。

オメガ3サプリ Q&A

オメガ3サプリQ&A

オメガ3サプリの、よくある質問をまとめました。

Q.オメガ3サプリは毎日飲まなきゃだめですか?

A.はい。毎日継続して飲むことが健康維持には大切です。

Q.DHAを飲むと頭が良くなりますか。

A.DHAは脳に多く存在する成分のため、摂取することで何らかの働きが期待できるのではないかといわれています。

一部の研究では、オメガ3系脂肪酸の総摂取量とDHAの摂取量はアルツハイマー症の発症に有意な低下が見られたというものもあるようです。

Q.オメガ3脂肪酸はEPA/DHAとαリノレン酸のどちらで摂ればいいですか、同じですか?

A.αリノレン酸は体内でEPAとDHAに変換されます。

この時にどの程度EPA・DHAに変換されるのかという変換率が重要なのですが、ある研究によればαリノレン酸のDHAへの変換率は成人男性で1%以下、成人女性では9%以下というデータもあります。

そのため、効率よくオメガ3を摂取するという目的であれば、EPA・DHAから摂取するのがよいのではないかと思われます。

東北大学大学院 農学研究科 機能分子解析学分野 助教 木村ふみ子

『離乳期ラットにおけるα-リノレン酸のDHA 供給源としての有効性に関する研究』

Q.オメガ3は焼き魚や煮魚では摂れませんか?

A.オメガ3は加熱に弱いので、焼いたり煮たりすると成分量は減ってしまいます。

Q.買ったばかりのオメガ3サプリが魚臭いのですが、酸化したものでしょうか?

A.オメガ3サプリは商品によっては魚の原料臭が強く感じられるものもあります。

製造年月日や保存状態に問題がなければ大丈夫かと思いますが、心配なようでしたらメーカーに確認した方がよいかと思われます。

オメガ3サプリまとめ

オメガ3系脂肪酸サプリで摂取することの安全性や有用性については、厚生労働省『「統合医療」情報発信サイト』においても認められており、国の定める栄養摂取基準でも目安量が設定されています。

それなのに、食生活の欧米化や調理のアウトソーシングで、現代人は食事からオメガ3を摂ることは難しくなっています。

こちらに紹介したオメガ3サプリは、高品質かつ続けやすい価格帯の商品だけを厳選しました。

病気になって医者にかかったり薬を飲むことにお金を使うより、毎日のサプリではつらつと過ごす方が、お金も時間も無駄にしません。

子供から大人まで、私たちの体にはオメガ3が必要です。

食事だけでは自信がないなという人は、一度家族みんなでオメガ3サプリを試してみて、是非自分の体で実感してほしいと思います。

スポンサーリンク

子供の身長を伸ばすサプリを比較!本気で選んだ商品を紹介します

2017.06.26

太りたい人が飲むサプリ【太るサプリのおすすめ人気ランキング!】

2017.02.01

血圧サプリ人気ランキング!トクホや機能性表示食品で血圧を下げる

2017.05.30

酵素サプリ比較ランキング!酵素の種類や選び方、おすすめ人気サプリなど

2017.02.17

セラミドサプリ比較ランキング!目的別セラミドの種類やおすすめ人気商品

2017.06.24

疲労回復サプリ人気ランキング!ひどい疲れにはコレがおすすめ

2017.06.29

腸活サプリおすすめランキング!人気の乳酸菌サプリを比較

2017.07.13