子供の急性じんましん原因と対処法!慢性じんましんを疑う前に

じんましん

子供の皮膚に突然現れる赤くてかゆい湿疹、蕁麻疹(じんましん)。

アレルギーとの関連や症状が出てしまった時の対処法、慢性じんましんと診断されるタイプなどについて解説します。

スポンサーリンク

子供のじんましん

はじめに、子供のじんましんについて説明します。

じんましんは、蚊に刺された後のように皮膚の一部が部分的に赤く盛り上がって、しばらくすると跡かたなく消えてしまう病気です。

かゆみが強く、引っ掻くとたちまちパーッと周りに広がってしまいます。

漢字では「蕁麻疹」と書き、人がイラクサ(蕁麻(じんま))の葉に触れると同様の皮膚症状が起こることからこの名前がつきました。

じんましんは比較的よくある病気で、15~20%の人は一生のうちに一度は経験するといわれています。

じんましんの症状

皮膚の中に張り巡らされた小さな血管が何らかの刺激によって一時的に膨らんで、皮膚の表面が赤くなります。

この時、血液の中の血漿と呼ばれる成分が周囲に滲み出た状態になるので、皮膚の一部が盛りあがります。

皮膚の血管の周りには、顆粒がいっぱいに詰まった細胞(マスト細胞)がちらばっていて、この細胞が顆粒を放出すると、血管がその成分に反応して蕁麻疹を起こすのです。

顆粒の中の主な作用物質はヒスタミンで、じんましんが痒みを伴うのはこのヒスタミンによる作用です。

じんましんの原因

じんましんの原因は、アレルギーによるものと非アレルギーのものに分けられます。

アレルギー性のじんましんは、エビ・カニ、サバなどの魚介類、卵・チーズ・牛乳、ソバ、小麦、チョコレート、ナッツなどを食べた後にみられることがあります。

また、食品添加物などもアレルギーの原因となることもあります。

 

食べ物だけでなく、ハウスダストや花粉などもアレルギーの原因物質になります。

アレルギー性鼻炎やアトピー、喘息、花粉症を持っている人は、じんましんができやすい傾向にあるともいわれています。

非アレルギー性のじんましんは、体調不良時にみられることがあります。

胃腸や肝臓の機能が低下していたり、感染症などにかかって抵抗力が落ちていたりすると、じんましんになって現れることもあります。

 

精神的なストレスや過労、睡眠不足なども原因となる場合もあります。

その他、外的刺激によって起こる場合もあり、この場合の刺激とは虫刺され、日光の刺激、汗、指輪、ハンドバッグなどによる皮膚の圧迫や擦れなどです。

じんましんができてしまった時の対処法

じんましんができてしまった時の対処法です。

じんましんの症状が出てしまったら、皮膚科で抗ヒスタミン剤を処方してもらうのが有効です。

じんましんは、マスト細胞から放出されたヒスタミンが血管や神経に働くことで症状が現れる病気なので、このヒスタミンの作用を抑えるために抗ヒスタミン薬または抗ヒスタミン作用のある抗アレルギー薬が治療に使われます。

掻くと治りにくくなるので、どうしてもかゆみが強い時は冷水をかけたりアイスノンなどで冷やすとよいでしょう。

お風呂に入っても大丈夫か

じんましんが出ている時は、お風呂は禁止というお医者さんが多いです。

というのも、体が温まるとかゆみが強くなり、範囲も広がってしまうからです。

長湯や熱いお湯は避けて、シャワー程度で済ませるのがよいでしょう。

運動も、体温が上昇してじんましんが悪化するので、回復するまでは激しい運動も控えた方がよいとされています。

じんましんはうつるか

じんましんは感染症ではないので、他の人にうつることはなく、ごく一部の例外を除いて遺伝することもありません。

遺伝する蕁麻疹としては、アトピーなど体質的なものや寒冷蕁麻疹の中の一部、血管性浮腫の一部があるとされています。

じんましんの予防

じんましんの予防法についてです。

アレルギー性のじんましんが疑われる場合には、その要因となる食べ物や環境を遠ざけるのが効果的です。

食品に使用される色素や防腐剤などの食品添加物はじんましんの原因になりやすいと言われています。

その他、アスピリンや非ステロイド系の薬も人によってはじんましんを誘発する恐れがあります。

ストレスや疲れが原因となることもあるので、十分な睡眠や休息を心がける生活をしましょう。

慢性じんましんとは

じんましんは感染症や疲労など誘発する原因がある場合もありますが、多くの場合、一回一回の症状は直接思い当たる理由が無く突然現れてきます。

最初の症状が出始めてから1ヶ月以内のものを急性蕁麻疹、それ以上続くものを慢性蕁麻疹と呼びます。

慢性じんましんの場合、原因を特定するのは困難だといわれています。

急性じんましんのような皮膚症状の他、全身倦怠感、関節痛、発熱などの症状がある場合は他の病気を疑い、詳しい検査が必要になってきます。

子供のじんましんまとめ

赤ちゃんや子供のじんましんは珍しい症状ではなく、ほとんどの場合時間の経過とともに自然に治ってしまうのでそれほど心配なものではないことが多いです。

特定の食べ物が原因のじんましんもあるため、初めてのものを食べさせる時には少量ずつ与えて様子を見るなどの配慮も必要ですね。

スポンサーリンク