子供の手足口病はうつる?保育園はいつから行けるのか

子供 手足口病

幼児に多い手足口病について、症状や対処法、予防などについてまとめてみました。

「いつから保育園に行っていいか」「お風呂は入れる?」「病院は何科に行けばいい?」など、知りたいあれこれについても紹介します。

スポンサーリンク

手足口病とは

手足口病は、口の中や手足などに水疱性の発疹が出る、ウイルスの感染によって起こる感染症です。

子供に多く、患者の約9割が5歳未満の子供です。

夏に流行のピークを迎え、一度なっても再びうつってしまうこともある、厄介な病気です。

原因は、コクサッキーウイルスA6、A16、エンテロウイルス71(EV71)、コクサッキーウイルスA10などが体内に侵入することによるもの。

エンテロウイルスやコクサッキーウイルスはノンエンベロープウイルスとよばれ、アルコール消毒剤や熱に対する抵抗力が高いことで有名です。

せきやくしゃみによる飛沫感染や接触感染でうつるので、保育園など集団生活の場で広がりやすいのが特徴です。

手足口病の症状

子供が手足口病に感染した時にみられる症状です。

感染してから3~5日後に、口の中、手のひら、足底や足背などにぶつぶつと2~3mmの水疱性発疹が出ます。

発疹が現れる部位にちなんで「手足口病」というんですね。

発熱は約3分の1にみられますが、あまり高くならないことがほとんどで、高熱が続くことは通常はありません。

そして、数日間のうちに自然に治る病気です。

1~2ヶ月後に手足の爪がはがれる場合がありますが、すぐに新しい爪が生えてくるので心配はいりません。

手足口病にかかったら気をつけること

手足口病が重症化することはほとんどないといわれていますが、稀に重症化すると次のような可能性があります。

髄膜炎、小脳失調症、脳炎などの中枢神経系の合併症のほか、心筋炎、神経原性肺水腫、急性弛緩性麻痺など、さまざまな症状が出ることがあります。

特にEV71に感染した場合には、他のウイルスによる手足口病と比べて、中枢神経系の合併症を引き起こす割合が高いといわれています。

 

ママが子供の様子を注意深く観察し、高熱が出る、発熱が2日以上続く、嘔吐する、頭を痛がる、視線が合わない、呼びかけに答えない、呼吸が速くて息苦しそう、水分が取れずにおしっこがでない、ぐったりとしているなどの症状がみられた場合は、すぐにお医者さんに診てもらいましょう。

また、口の中に水疱ができると、痛くて食べられなかったり飲めなかったりするので脱水症状になってしまう可能性がありますので、水分補給には特に気を付けてください。

手足口病にかかったときの対処法

手足口病にかかった時の対処法です。

手足口病には、ワクチンや薬はありません。

病院に行って処方されるのは、解熱鎮痛剤や軟膏などの対処療法的な薬なので、自分の体力で治すしかありません。

でも、口の中のブツブツは痛いので、食べ物や飲み物には気を遣ってあげましょう。

ゼリーやおかゆなどののど越しの良いもの、熱いものよりは冷たいもの、酸味や塩気を避けるなどの工夫をしてあげましょう。

子供が手足口病になった時に知りたいあれこれ

子供が手足口病になった時に知りたいちょっとしたあれこれをまとめました。

・お風呂は入っていいの?

手足口病は接触感染する病気なので、湯船につかることは避けた方がよいでしょう。

ですが、お風呂そのものが手足口病を悪化させるというわけではないので、高熱でない限りシャワーで済ませたり、どうしても湯船に入りたい場合は家族で一番最後に入るなど配慮をすれば大丈夫です。

ただし、タオルの共用はやめましょう。

・プールはいつから入れる?

手足口病は、回復してから2~4週間経っても便の中にウイルスが排出され、また水疱が消えた後でも感染力が10日は残っているという長期にわたる病気です。

症状が出ている間が感染力の強いピークですが、かかりつけのお医者さんに相談してみることをおすすめします。

・保育園や学校はいつから行ける?

出席停止などを定めている学校保健安全法では、手足口病は指定外の感染症です。

なので、「○日休まなければいけない」という決まりはありません。

熱がなく、水疱も消えれば登園・登校はしていいことになっています。

判断に迷うようなら、かかりつけ医に相談しましょう。

手足口病の予防法

手足口病の予防についてです。

ウイルス性の感染症なので、石鹸での手洗い・うがいが予防に効果的です。

タオルの共用はやめましょう。

また、ウイルスは患者の便にもいるので、とくに赤ちゃんが感染している場合、おむつの処理には注意が必要です。

子供の手足口病まとめ

手足口病は、比較的かかりやすく軽症で済むといわれる感染症ですが、本人は痛いしつらいです。

病気の時は子供のメンタルも弱くなっているので、辛い気持ちに共感する心のケアも大切ですね。

スポンサーリンク