癌が遺伝する確率は?関係ないって本当?検査でここまでわかる!

癌が遺伝する確率

家族が癌と診断され、「もしかして自分も遺伝しているかも」と不安に襲われたとき、頼りになるのが遺伝子検査です。

自宅で簡単に検査できる遺伝子検査キットなら、思い立ったら即調べることができるので、予防や対処など早期に対応することが可能です。

そこで今回は、癌が遺伝する確率から癌や生活習慣病の予防に役立つ最新の遺伝子検査について、わかりやすく解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

癌が遺伝する確率はどのくらい?

まず、癌が遺伝する確率とはどのくらいなのでしょうか?

日本人の癌罹患率はとても高く、2人に1人が癌にかかるといわれているほどです。

これくらい身近な疾患なので、家族の中に癌患者がいるという人は、実は珍しくないのです。

だから、家族で癌にかかっている人がいるというだけで、すぐさま遺伝であると決めつけるのは早いということなんですね。

 

ですが、家族性腫瘍といって、家族に腫瘍(癌)が集積して発生する腫瘍性疾患というのがあります。

遺伝性腫瘍症候群、つまり遺伝性の癌は、ひとつの病的な遺伝子の変異が親から子へ伝わることで、遺伝的に癌にかかりやすくなり、その素因をもとに発症する疾患を特に遺伝性腫瘍症候群といいます。

がん研有明病院によれば、例えば大腸がんの場合、約25%が家族集積性のがんであり、遺伝性と考えられるがんは5%程度ということです。

遺伝性が高い癌とは?

遺伝性が高い癌には以下のようなものがあります。

大腸がん

大腸がんの体質は、親から子供へ50%の確率で遺伝するといわれています。

癌まではいかなくても、大腸に100個以上のポリープが認められる家族性大腸ポリポーシスは、将来癌化するリスクが高い症状です。

もう一つ、遺伝性大腸がんにリンチ症候群というのがあります。

リンチ症候群は大腸がんの2〜3%を占めるといわれ、大腸のほかに子宮内膜、小腸、腎盂・尿管などにも発症します。

リンチ症候群の場合、大腸がんの平均発症年齢は約45歳と若年齢なのが特徴で、生涯大腸がんを発症する確率は28〜75%(女性は24〜52%)、子宮内膜がんを発症する確率は27〜71%といわれています。

乳がん・卵巣がん

日本女性の乳がん発症リスクは50歳をピークに8.2%といわれています。

母親が乳がんを発症した場合、娘の発症リスクは一般のリスクの約2倍、母親と姉が発症した場合には妹の発症リスクは一般のリスクに比べ約4倍になるそうです。

遺伝性乳がんは一般の乳がんに比べて発症年齢が低いことや、乳がんが両側の乳房に発症する頻度が高い(35%)、あるいは卵巣がんを発症することがあるという特徴があります。

癌は未然に防げる!進化した遺伝子検査

進化した遺伝子検査で、癌を未然に防げる可能性が高くなっています。

癌家系という言葉、聞いたことありませんか?

私も、最近毎日のように放送されている健康テレビ番組を観るたび、自分は大丈夫かなとドキドキすることがあります。

まして、「祖父母が癌で亡くなっている」「親が癌と診断された」そのような現実が目の前に突き付けられたら、「もしかして自分にも癌になりやすい体質が遺伝しているかもしれない」という不安に陥るのは当然です。

子供もまだ手がかかるし、自分にもしものことがあったら…そう考えると一層落ち着かなくなりますよね。

そこで今注目されているのが、自分がなりやすい病気のリスクがわかる遺伝子検査です。

 

癌は遺伝するのかしないのか、それがわかるだけでもこれからのライフプランが立てやすくなりますよね。

検査ではただ結果が突き返されるのではなく、どのようなことに気を付けて生活すればいいのかといったアドバイスが受けられるので、より自分に合った健康生活プランを立てることができます。

癌のリスクが自宅でわかる!遺伝子検査キット

遺伝子検査キット

自分が癌になりやすい体質かどうか、遺伝子を自宅で簡単に調べることができる遺伝子検査キットが話題です。

遺伝子検査キットのイチオシ一押しのマイコードという遺伝子検査は、送られてくるキットに唾液サンプルを採取し、返送するだけでがんや生活習慣病、アルツハイマー病や体質など様々な遺伝子情報を解析してもらえるんです。

マイコードでは約40種のがん、約20種の生活習慣病など全部で150種の疾患、そして食生活や見た目の特徴など全部で130種の体質の特徴について、最大で280項目もの疾患や体質について検査が出来ます。

検査項目の詳細をひらく
癌38項目
上咽頭がん・食道がん・胃がん(噴門部胃がん)胃がん・胃がん(びまん性胃がん、未分化型胃がん)・大腸がん・肝臓がん・すい臓がん・肺がん(肺腺がん)・肺がん(非小細胞肺がん)・肺がん(扁平上皮がん)・ユーイング肉腫・骨肉腫・悪性黒色腫・基底細胞がん・乳がん・子宮頸がん・子宮体がん(子宮内膜がん)・前立腺がん・精巣がん・ウィルムス腫瘍・腎細胞がん・膀胱がん・神経膠腫・甲状腺がん・神経芽細胞腫・頭頚部がん・ホジキンリンパ腫(結節硬化型)・ホジキンリンパ腫濾胞性(ろほうせい)・リンパ腫・B細胞性非ホジキンリンパ腫・多発性骨髄腫・慢性リンパ性白血病・慢性骨髄性白血病・髄膜腫・胃がん(非噴門部胃がん、分化型胃がん)・卵巣がん(浸潤性上皮性卵巣がん・)卵巣がん(漿液性浸潤性上皮性卵巣がん)
生活習慣病19項目
歯周病・肥満1度・肥満2度・肥満3度・肥満・糖尿病性網膜症・痛風・高血圧・心筋梗塞・肺動脈性肺高血圧症・心不全・脳梗塞(アテローム血栓性脳梗塞)・脳梗塞(心原性脳梗塞)・1型糖尿病・2型糖尿病・脂質異常症(高トリグリセリド血症)・妊娠糖尿病COPD(慢性閉塞性肺疾患)・1型糖尿病 末期腎不全
その他病気93項目
クロイツフェルトヤコブ病・デング熱・マラリア・サルコイドーシス・アルコール依存症・円形脱毛症・川崎病・限局皮膚硬化型全身性強皮症・アルコールとニコチンの共依存症・フックス角膜内皮ジストロフィー・円錐角膜・加齢黄斑変性・開放隅角緑内障・正常眼圧緑内障・強度近視・角膜乱視・耳硬化症・落屑緑内障・閉塞隅角緑内障・乾癬性関節炎・関節リウマチ・変形性膝関節症(変形性関節症の一種)・変形性関節症・全身性エリテマトーデス(SLE)・強皮症・ベーチェット病・脊柱側弯症・強直性脊椎炎・椎間板変性・デュプイトラン拘縮・骨粗しょう症・骨パジェット病・B型慢性肝炎・C型慢性肝炎・HCVによる肝硬変・好酸球性食道炎・バレット食道・十二指腸潰瘍・クローン病・潰瘍性大腸炎・原発性胆汁性肝硬変(PBC・)非アルコール性脂肪性肝疾患・原発性硬化性胆管炎・すい炎・冠動脈性心疾患・静脈血栓塞栓症・拡張型心筋症・心房細動脳動脈瘤・もやもや病・腹部大動脈瘤・抗好中球細胞質抗体(ANCA)関連血管炎・胸部大動脈解離・子宮筋腫・多嚢胞性卵巣症候群・非閉塞性無精子症・子宮内膜症・βサラセミアの重症度・甲状腺機能低下症・バセドウ病・重症筋無力症・花粉症・セリアック病・ウェゲナー肉芽腫・シェーグレン症候群・脳血管性認知症・トゥレット症候群・髄膜炎・筋萎縮性側索硬化症(ALS)・パーキンソン病・特発性振戦むずむず脚症候群・アルツハイマー病・多発性硬化症・部分てんかん・ミオクロニーてんかん・片頭痛・全般性てんかん・欠神てんかん・結核・喘息(ぜんそく)・間質性肺炎・特発性肺線維症・IgA欠乏症・IgA腎症ネフローゼ症候群・末期腎不全・尿路結石症・慢性腎臓病・ハンセン病・アトピー性皮膚炎・尋常性白斑ケロイド
体質130項目
目の色(青に近いかどうか)・目の特徴(眼圧)・目の構造(角膜の曲率)・目の構造(角膜の厚さ)・目の機能(近視や遠視の指標)・目の構造(視神経乳頭のサイズ)・瞳の模様(虹彩のファロー)・瞳の模様(虹彩のクリプト)・瞳の模様(虹彩の色素リング)・肌のくすみ・紫外線による肌の光老化・小麦色の日焼けのしやすさ・日焼け直後の肌の炎症の起きやすさそばかすのできやすさ・男性型脱毛症のなりやすさ・髪の形状・髪の太さ・髪色の明るさ・体重肥満の指標(BMI)・出生時の体重・身長・体脂肪率・内臓脂肪-皮下脂肪の比率・体脂肪を除いた体重・鼻筋の通り(鼻梁の高さ)・腰のくびれ・胸のサイズ・骨密度(大腿骨頸部)・骨密度(腰椎)・頭蓋骨の大きさ・記憶に関連する脳の部位(海馬)の大きさ・脳の働きに関わる脳の神経の密度・乳歯から永久歯への生え変わりの早さ・乳歯の発達の早さ・初潮の時期・閉経の時期・成長期身長の伸び・成長期後期の身長の伸び・幼児期の頭囲の大きさ・腹囲のサイズ・男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)値・男性ホルモン(テストステロン)値・性ホルモン関連因子値・苦味(カフェイン)の感じやすさ・苦味(PROP)の感じやすさ・カフェインを含む食品の摂取量・飲酒傾向・アルコールによる顔の赤くなりやすさ・脂質の摂取傾向・炭水化物の摂取傾向・タンパク質の摂取傾向・心拍数の高さ・心電図の波形(PR間隔)・心電図の波形(QRS間隔)・心電図の波形(QT間隔)・心臓周囲についた脂肪の量・心臓の大きさの指標(左室拡張末期径)・心臓の大きさの指標(大動脈弁のサイズ)・頸動脈の血管壁の厚さ・頸動脈でのプラークのできやすさ・ヘモグロビンの量・赤血球容積・白血球の数・血小板の数・尿酸値アルブミン値・総タンパク質値・肝臓や骨の異常の指標(ALP値)・肝機能の指標(ALT値)・肝機能の指標(AST値)・心筋障害などの指標(クレアチンキナーゼ値)・炎症反応の指標(C反応性タンパク質値)・善玉コレステロール量の指標(アポリポプロテインA-値)・悪玉コレステロール量の指標(アポリポプロテインB値)・悪玉コレステロール量の指標(アポリポプロテインE値)・アレルギーに関する指標(IgE値)・肝機能の指標(γ-GTP値)・肝機能の指標(ビリルビン値)・喘息に関連する物質(YKL-40)値発育・新陳代謝に関連する物質(インスリン様成長因子結合タンパク質)値心疾患・動脈硬化の指標(ホモシステイン値)・血管障害に関連する物質(Eセレクチン)値・免疫反応に関連する物質(IgG)値・アディポネクチン値PSA値(前立腺がんマーカー)・血圧の高さ善玉(HDL)コレステロール値・悪玉(LDL)コレステロール値・悪玉(酸化LDL)コレステロール値・中性脂肪(トリグリセリド)値・血糖値の高さ(空腹時・)好酸球の数・ビタミンD値・ビタミンE値・ビタミンB12値・ビタミンB6値・ミネラル(鉄)値・ミネラル(リン)値・ミネラル(マグネシウム)値・ミネラル(カルシウム)値・脂肪酸(EPA)値・脂肪酸(DPA)値・脂肪酸(DHA)値・脂肪酸(αリノレン酸)値レチノール値βカロテン値脂肪酸(パルミチン酸)値脂肪酸(パルミトレイン酸)値脂肪酸(ステアリン酸)値・脂肪酸(オレイン酸)値・血の止まりやすさ(血小板の凝集反応)・腎機能の指標(GFR値)・腎機能の指標(尿素窒素値)・発育・新陳代謝の関連ホルモン(甲状腺ホルモン)値・発育・新陳代謝の関連ホルモン(甲状腺刺激ホルモン)値・血の固まりやすさの指標(プロトロンビン時間)・血の固まりやすさの指標(活性化部分トロンボプラスチン時間)・血栓症の指標(Dダイマー値)・虫歯のなりやすさ(下の前歯)・HIV進行の速さの指標・耳垢のタイプ・85歳以上まで長生きする可能性・テロメアの長さ・染色体の組み換えの起きやすさ・アスパラガスの代謝産物の臭いを感じ取る能力・光くしゃみ反射・血液型抗原の分泌型・肺機能の指標(1秒率)・麦芽の香りを感じとる能力

遺伝子検査マイコードの特徴

遺伝子検査マイコードの特徴です。

1. 自宅で簡単に唾液で検査できる

検査キットに同梱されている容器に唾液を採取するだけなので、全く痛みもなく簡単です。

検査の結果が出るまで約2〜3週間です。

2. 3大疾病(がん、心筋梗塞、脳梗塞)を含む280項目を網羅

日本人に多い病気や脂肪率の高い病気のほとんどが、この遺伝子検査でカバーできます。

3.検査結果はわかりやすい生活改善アドバイス

検査の結果はリスクの表示だけではなく、予防アドバイスや管理栄養士監修の食生活改善レシピなど、病気のリスクを減らすための生活改善に役立つレポートです。

4.経産省と連携し制定されたCPIGI自主基準を遵守した健全・適正なサービス

遺伝子は、あなたを特定する究極の個人情報です。

そのため、信頼できる会社の商品選びが重要です。

>>遺伝子検査マイコードの詳細はこちら

遺伝子検査マイコードの口コミ

遺伝子検査マイコードを利用した人たちから口コミを集めました。

32歳女性

専業主婦で健康診断とは無縁なので、子供も生まれたことだし遺伝子検査を受けることにしました。

健康診断だといろんな数値を見ても何をどうしたらいいのかわかりにくいけど、マイコードは「○○のリスクが高いので、こういうことに気を付けるといいですよ」みたいなアドバイスをくれたのですぐに実践できます。

赤ちゃんがいるので病院での検査にはなかなか行けない中、自宅で簡単にできるマイコードはすごく便利でした。

40歳男性

病院では280項目も検査してくれないし、まして症状のない病気などは調べようがないですよね。

マイコードは名前すら知らなかった病気のリスクまでわかるので、正直感動しました。

検査結果ですが・・・お酒は控えようと思います(汗)

48歳男性

父親と祖父が大腸がんだったので、私も絶対そうだと思っていましたが、病気の遺伝の半分以上は生活習慣だとわかって安心しました。

何に気を付けて生活すればいいのかとか、手軽にできる予防法なんかも教えてもらえたので、マイコードを調べて良かったと思いました。

50歳女性

自分の体を知ることはとても大切だと思います。

幸いまだ大きな病気はしたことありませんが、リスクを知っておくのは最大の予防です。

アンチエイジングに役立つ情報もマイコードでわかるので、エステとかの肌診断なんかよりずっと信ぴょう性がありました。

※口コミは個人の感想です。

遺伝子検査まとめ

遺伝子って一人ひとり違う究極のオリジナルにもかかわらず、自分でもその内容を知らないなんて、よく考えればおかしなことですよね。

自分の持って生まれた遺伝子の傾向がわかれば、今まで何となく「おかしいな」と感じていた症状なんかも「体質だったんだ!」と納得がいく場合もあります。

遺伝子情報は生まれてから死ぬまで、一生変わりません。

遺伝子検査を一度受ければその内容は生涯ずっとそのままなので、、一生に一度の検査だと思って受けてみるのも良いかと思います。

スポンサーリンク