ガッテン!きゅうりをおいしく食べる方法やキュウリレシピ

ガッテン きゅうり

2017年5月31日放送のガッテン!は「気分爽快!キュウリのおいしさ大発見SP」です。

番組では、しなしなふにゃふにゃ胡瓜をシャキシャキに復活させる技なども紹介、きゅうりをおいしく食べる方法をはじめキュウリの魅力をたっぷりと放送します。

そこで、おいしい胡瓜の食べ方や新しいキュウリの利用法など、独自に調べたキュウリ情報をお届けしたいと思います。

スポンサーリンク

おいしいキュウリの選び方

お店で売っているきゅうりの選び方のコツです。

  • 色が濃い
  • 実がかたく締まっている
  • ヘタとおしりがふにゃふにゃしていない
  • トゲトゲがしっかりしている

まっすぐか曲がっているかなど、きゅうりの形は味には影響しません。

キュウリの保存方法

胡瓜をおいしく保存する方法です。

きゅうりにとって最適な温度は10℃前後です。

まず、買ってきたきゅうりは水(夏なら氷水)に漬けましょう。

きゅうりは、収穫した瞬間から水分蒸発が始まっているため、水につけることで元の状態に戻してあげます。

時間は30分~1時間程度。

このひと手間が、きゅうりの実をキュッと引き締めてシャキシャキした歯ざわりを生み出します。

次に、水気を切って1本ずつキッチンペーパーか新聞紙にくるみ、ラップをします。

ヘタの部分を上にして、立てた状態で冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。

<豆知識>

牛乳パックの口を開いてキュウリを立てると安定して便利です!

このように保存すると、約1週間ほどもちます。

きゅうりは冷凍もできます

きゅうりを小口切りにして塩もみし、水気をしっかり切った後ジップロックに入れて冷凍します。

冷凍きゅうりは約1カ月くらい保存可能です。

解凍きゅうりはシナシナしているので、ポテトサラダや酢の物にどうぞ。

しなびたキュウリの復活方法

しなびたきゅうり

しなびたキュウリを復活させる方法です。

水分パック

濡らしたキッチンペーパーで、きゅうりを1本ずつくるみます。

フリーザーパック(なければラップやビニール袋でも)に入れて冷蔵庫で寝かせます。

すると数時間~一晩でシャキシャキきゅうりに復活です。

50℃洗い

50度のお湯でつけ洗いする、ヒートショックで復活します。

50℃のお湯に浸すことで、失われた水分を取り戻し、細胞同士をくっつけるペクチンの働きで歯ごたえが良くなります。

また、水よりお湯で洗う方が減菌効果も期待できます。

給湯器で50度のお湯を出せば簡単ですが、沸騰したお湯と同量の水を足せば、50~55℃くらいになりますよ。

 

このような方法で復活させることもできますが、しなびたキュウリは塩もみにして和え物にしたり、炒めてもみそ汁に入れても意外とおいしく食べられます。

きゅうり=生で食べる、という固定概念を捨て、いろんな食べ方をしてみるのも楽しいですよ。

イギリスの伝統食「キューカンバーサンドイッチ」

キューカンバーサンドイッチ

イギリスのアフタヌーンティーで食されるきゅうりのサンドイッチ、「Cucumber Sandwich」は、昔、イギリス貴族のステイタスメニューだったといわれています。

きゅうりは19世紀のイギリスでは栽培の難しさや保存の利かなさから高級食材とされており、それゆえきゅうりを食べることは貴族のステイタスだったそうです。

イギリスのアフタヌーンティーでは、現在も必ずきゅうりのサンドイッチが供されるといいます。

日本のコンビニで「きゅうりのサンドイッチ」といえば、ハムやレタスと一緒に挟まっていたり、タマゴサンドに挟まっているものを想像しますよね?

ところが、キューカンバーサンドイッチはまさに、パンときゅうりだけのシンプルなサンドイッチなんです。

皮をむいて薄ーくスライスしたきゅうりを、ワインビネガーに30分ほど浸します。

水気を切り、バターを塗ったパンに挟めばきゅうりサンドの出来上がり!

とってもシンプルですが、濃厚なバターとさっぱりとしたきゅうりの酸味が絶妙にマッチして、意外においしいんです。

簡単なのでぜひお試しください。

きゅうりの香りを楽しむ

きゅうりの青っぽい香り、アロマとして利用する方法もあるんです。

きゅうりの香りはきゅうりアルコール(C9H12OH)といい、森林浴の香りの一つと言われストレス解消に効果があるといわれています。

エッセンシャルオイルとしてはキューカンバーオイルやキューカンバーシードオイルがあります。

成分の半分以上をリノール酸が占めており、他にはビタミンB1、C、D、フィトステロールなどが豊富です。

乾燥肌に効果があるので化粧品などに使われることが多く、乾燥によるニキビや湿疹、日焼けによる炎症やシミなどを抑えてくれる働きがあります。

アロマに興味のある方は、ぜひこちらの記事も参考にしてみてください。

関連記事:家庭用アロマディフューザーのおすすめはこれ一択!アロマがあるといい理由

関連記事:アロミックエアーの口コミ!人気の気化式アロマディフューザー最安値は?

きゅうりをおいしく食べる まとめ

夏野菜のきゅうりですが、ハウス栽培の技術で1年中食べることができるので、大人から子供まで大好きな野菜ですね。

クセがなくさっぱりしているのでそのまま食べても良し、いろんな食材との相性もいいのでアレンジしてもよし、また香りを楽しんでも良しと、いろんな可能性を秘めた野菜なのです。

スポンサーリンク