子供の下痢はここをチェック!白っぽい?黄色?嘔吐などは?

子供の下痢

子供は下痢をしていても元気な場合もあれば、ぐったりしている場合もあり、その時その時によって状況は違うもの。

だから、様子を見るだけでいいのかすぐに病院に連れていくべきなのか、判断に迷うことも多いと思います。

子供が下痢をした時、チェックすべきポイントを紹介します。

スポンサーリンク

子供の下痢の原因

子供の下痢の原因です。

下痢の原因は実に様々で、病気の症状の場合もあれば精神的ストレスによって腸の運動機能が低下するために起こることもあります。

そのため、様子を見るだけでよい場合と緊急に病院を受診する必要がある場合の区別に迷うこともあります。

そこで、子供の下痢で考えられる原因をいくつか挙げてみます。

感染性胃腸炎

子供の下痢で一番多いのが、ウイルスや菌の感染による下痢です。

乳幼児ではウィルス性腸炎が圧倒的に多く、大きくなるにつれ細菌性腸炎の割合が高くなります。

1歳以下の乳児では症状の進行が早く、乳児嘔吐下痢症と呼ばれます。

下痢の原因となるウィルスには、ロタウィルス・ノロウィルス・アデノウィルスなどがあり、冬に多いのが特徴です。

細菌性の下痢はサルモネラ・腸炎ビブリオ・カンピロバクター・病原性大腸菌などがあり、夏の食中毒の原因は主にこれらによるものです。

嘔吐を伴うことが多いですが、下痢も嘔吐も、体に侵入してきたウイルスや細菌を外へ追い出そうとする体の防衛反応です。

だから、無理に吐き気どめや下痢止めを使うのは良くありません。

下痢と嘔吐の主症状以外には、発熱・全身倦怠感・腹痛などがみられます。

過敏性腸症候群

腹痛や腹部不快感が、排便の回数や便秘・下痢などとともに起こる慢性の腸の機能的疾患で、ストレスとの関係も深い下痢です。

原因はまだはっきりと解明されていませんが、遺伝やストレス、環境の変化などがきっかけで起こることが多いようです。
ほとんどの場合腹痛と同時に起こり、子供の場合特に登校前にお腹が痛くなることが多いといいます。

乳糖不耐症

牛乳や乳製品を食べるとお腹がゴロゴロして下痢を起こしてしまうのが乳糖不耐症です。

腸で乳糖を分解する乳糖分解酵素がないために起こる消化不全が原因です。

赤ちゃんの頃は乳糖分解酵素の濃度は高いため母乳を消化吸収することができますが、乳糖不耐症の場合は離乳後に酵素の濃度が低下してしまうため、乳製品を摂ると下痢を起こしてしまうことになります。

冷え

お腹を冷やすと下痢になりやすくなります。

冷えは血行を悪くするので、胃腸の働きが低下し消化吸収能力が落ちるために下痢になります。

冷たい飲み物をたくさん摂るのも同様です。

このほか、薬の副作用や食べ物による作用(キシリトールや人工甘味料など)の下痢もあります。

下痢になる前の食事や行動、園や学校での感染症の流行など、子供の周りに起こったことなどを思い出して、下痢の原因に思い当たることはないか考えてみてください。

子供の下痢 ここをチェック

子供が下痢をしたときは、次のことをチェックしてください。

便の色・形

健康な便は黄~黄土色でバナナ状の形をしており、いきまなくてもスルっと出ます。

軟便~水様便の状態を下痢というので、注意してください。

色も、白っぽい時にはウイルス感染の可能性が高く、黒や血が混じっている時には大きな病気が隠れている可能性があります。

赤ちゃんで緑っぽいウンチが多くみられることがありますが、これは乳酸菌の働きによるもので心配いらないケースがほとんどです。

その他の全身症状

下痢の他に症状があるかをチェックします。

感染性胃腸炎の場合は嘔吐を伴うことが多いです。

唇や皮膚が乾燥していたり、泣いても涙が出ないなどの症状があれば、脱水症をおこしている可能性があるので緊急に受診が必要です。

発熱や脈拍、呼吸数などにも注意し、ぐったりしているようなら病院に連れて行った方がいいといえるでしょう。

病院に連れて行ったら、お医者さんに次のことを伝えてください。

  • いつから
  • 便の色と状態
  • 下痢や嘔吐の回数
  • 下痢以外の症状

トイレから出られない、繰り返しトイレに行くなどつらそうでも、自己判断で下痢止めなどを与えることはよくありません。

そのような場合はたとえ症状が下痢だけであっても、病院に連れて行くようにしましょう。

子供が下痢をしたときの対処法

子供が下痢をしたときの対処法です。

下痢は大量の水分を失うので、水分補給はこまめにしましょう。

嘔吐の症状があり食べ物が食べられなくても、水分補給だけは必ずしてください。

水分も受け付けないような場合は、早急に受診する必要があります。

また、お腹を温め、消化のいい物や温かいものを少しずつ摂りましょう。

感染性の腸炎の場合、便が感染源となります。

便のついたおむつの処理や、手洗いうがい、子供が触れた可能性のある場所の消毒など、感染が広がらないような配慮も必要です。

子供の下痢まとめ

体質的に下痢をしやすい(胃腸が弱い)子供もたくさんいます。

水を多く飲んだり、冷たいものを食べたり、肉など脂肪の摂り過ぎが下痢を引き起こすこともあります。

一過性の下痢なら心配はいりませんが、何度も繰り返したリ、他の症状があるようなら子供の様子をよく観察して対処してあげてくださいね。

スポンサーリンク