子供の水ぼうそうはどうやってうつる?痕を残さないために効果的な方法

子供 水ぼうそう

水ぼうそうはとても感染力が強く、5歳までに約80%の子供がかかるといわれている感染症です。

一度かかると生涯にわたって続く免疫が得られるので再発の心配はなくなりますが、年齢が上がれば上がるほど感染したときの症状は重くなります。

今回は水ぼうそうの症状や感染経路、予防方法や、かかってしまった時の対処法などについてお伝えします。

スポンサーリンク

水ぼうそうってこんな病気

水ぼうそうとは、水痘・帯状疱疹ウイルスの感染によって発熱と全身の皮膚にかゆみのある水ぶくれ(水疱)があらわれる病気で、冬~春にかけて多くなるといわれています。

多くの場合38.5度前後の発熱が3~4日続きますが、中には熱の出ない症状の子供もいます。

発熱と同時に、胸やお腹など柔らかい部分を中心に頭皮や目、口の中の粘膜にいたる全身に、かゆみのある赤い発疹がブツブツと広がります。

その数はなんと250~500個といわれています!

 

発疹は最初2~3mmの小さなものですが、徐々に水ぶくれとなり、やがて中心に膿をもった膿疱、かさぶたへと変化します。

水ぶくれは非常にかゆいのですが、水ぶくれの状態が一番感染力が強いうえ、掻き壊してしまうと痕になって残ってしまうのでなるべく掻かないようにママが注意していなくてはいけません。

いろんな状態の発疹が混在してみられるのが特徴で、全てかさぶたになるまでに1週間ほどかかります。

水ぼうそうの感染経路

水ぼうそうはとても感染力が強い病気ですが、どのようにしてうつるのでしょうか。

・接触よる直接感染

患者の体にできている発疹には、たくさんのウイルスが存在しています。

とくに水ぶくれができている時の感染力は強いので、完全にかさぶたになるまでは登園や登校はできません。

水ぶくれを掻いた手指が他の物に触れて、そこから感染することもあるので気をつけましょう。

・飛沫感染

水ぼうそうの保菌者になってしまうと、発疹が出始める1~2日前にはもう周囲に感染させてしまう恐れがあります。

患者の唾液にもウイルスは存在するので、咳やくしゃみにも気をつけなければなりません。

・空気感染

空気中に漂うウイルスを吸い込むことによっても感染することがあります。

そのため集団感染しやすく、学校保健安全法では第2種感染症に指定され、すべての発疹がかさぶたになるまでは出席停止の扱いになります。

 

水ぼうそうの潜伏期間は10~21日程度といわれています。

症状が出る前に、本人も知らない間に感染源となっている場合もあるので怖い病気ですね。

水ぼうそうを予防するには

水ぼうそうの予防には、予防接種が効果的です。

定期予防接種の対象年齢は「生後12月から36月に至るまでの間にある者(1歳から3歳の誕生日の前日まで)」とされていて、全2回の接種となります。

対象年齢を超えると、任意接種となり自己負担になります。

予防接種の副作用

水ぼうそうの予防接種の副反応として、軽微な発熱、発疹および局所の発赤、腫脹などの可能性があります。

通常は数日で自然に治るとされていますが、症状が重い場合やいつまでも続く場合には、お医者さんの診断を受けた方がよいでしょう。

予防接種をしても水ぼうそうになることがある!?

予防接種を受けていても、水ぼうそうにかかる確率は15~20%あるようです。

※我が子はこの15~20%に入ってしまいました(>_<)

でも、ワクチン未接種の状態でかかるより発熱・発疹も軽く済み、重篤化の心配もほぼないといわれています。

なので、予防接種の効果が100%ではないとしても、受けておくことをおすすめします。

わざとうつしてもらうのは絶対やめて!

幼稚園などで水ぼうそうにかかった子がいると、わざとうつしてもらいに行く親がいるなんて話があるようが、絶対やめてください。

昔は水ぼうそうの予防接種は任意だったので、このような話が実在しました。

・いつかはかかるものだから早めにもらっておこう

・予防接種は高いし面倒

このような理由だったのかもしれませんが、感染して苦しむのは子供です。

 

確率は低いとはいえ、稀に重症化する可能性だってあります。

現在は予防接種は定期接種になっているので、わざとうつしてもらうような危険を冒さずとも予防接種で予防することができます。

水ぼうそうは完治するまで登園・登校できないので、その間親は仕事を休まなくてはならず、そういったデメリットもあります。

何よりかかってしまった子供もつらい思いをします。

予防のためには予防接種が一番です。

水ぼうそうにかかってしまった時の対処法

水ぼうそうにかかってしまったら、次のように対処してください。

1.お医者さんを受診

小児科や皮膚科でお医者さんの診断を受け、指示に従いましょう。

先にも言いましたが、すべての発疹がかさぶたになるまでは人にうつしてしまう可能性があるので、兄弟のいる場合などは特に気をつけましょう。

2.かかない

水ぼうそうの発疹はとてもかゆいのですが、患部はかかないようにしましょう。

水ぶくれが破れて感染を広げてしまうし、細菌による2次感染を起こしてしまうことも考えられます。

また、掻き壊すと痕になって残ってしまいます。

冷やすとかゆみが和らぐので、アイスノンや氷嚢などで冷やしてあげるとよいでしょう。

お風呂で温まるのもかゆみが増すので、シャワーなどにした方がよさそうです。

水ぼうそうの痕を残さないために

水ぼうそうの痕を残さないための方法です。

水ぶくれを掻きむしったり、かさぶたを無理にはがしたりすると、へこんだり茶色く色素沈着を起こしたリして大人になっても残る痕になってしまうことがあります。

そうならないためには、なにより「掻かない」ことが大切です。

痕になってしまったら、レーザーで消すとか、ケミカルピーリングで剥がすとか、大掛かりな処置になってしまいます。

子供の将来を考えて、掻かせないように気を付けてあげてください。

水ぼうそうが重症化すると

通常1週間程度で自然治癒する水ぼうそうですが、重症化すると怖い病気でもあることを知っておいてください。

生まれたばかりの新生児や、大人になってからの発症の場合、重症化の危険性が高くなります。

水痘の合併症として、皮膚の引っかき傷からの細菌感染や、水痘ウイルスによるウイルス性肺炎、神経系では急性小脳失調症や水痘脳炎を起こしたり、血小板減少症が起こることもあります。

妊婦さんが感染すると、胎内感染により先天性水痘症候群といわれる障害をもった子が生まれることがあります。

 

また、分娩の5日前から分娩2日後までに母親が水痘にかかると、新生児は母親からもらうはずの免疫がもらえないため重症水痘となり、死亡率が30%にもなってしまいます。

このようなことを防ぐためにも、予防接種は受けるようにしましょう。

水ぼうそうまとめ

水ぼうそうは2014年10月から定期接種になりました。

今でも、年に数人は重症化して亡くなっているという水ぼうそうという病気を甘くみずに、子供にきちんと予防接種を受けさせてあげてください。

スポンサーリンク