子供の急性虫垂炎【盲腸】前兆はある?見分け方や受診のタイミング

子供 盲腸

盲腸と呼ばれることも多い急性虫垂炎について解説しています。

子供はよく「お腹が痛い」と言ったりしますが、冷えや便意であることも多く、それほど気にしないというママが多いと思います。

ところが、その痛みが急性虫垂炎だったらどうでしょう。

ここでは、急性虫垂炎を疑うべき症状や簡単な診断などについてまとめています。

スポンサーリンク

子供の急性虫垂炎【盲腸】とは

子供の急性虫垂炎についての説明です。

大腸の入り口部分にある盲腸の先についている虫垂突起というところに炎症が起こる病気で、小中学生に多い病気です。

3歳以下で発症するケースは極めて稀だといわれています。

炎症が進行すると虫垂内部に膿が溜まり、さらに症状が悪化すると虫垂の壁に穿孔という穴が開いて膿がお腹の中に出てしまい腹膜炎を起こしてしまうこともあります。

 

初期で軽症なら、抗菌剤の投与で「ちらす」という方法がとられます。

中等度の進行なら手術が必要ですが、最近は内視鏡を使った腹腔鏡手術が主流なので、お腹を開かないため体への負担も少なく済むようです。

重度で腹膜炎を併発しているような状況だと命にかかわる状況にもなってしまいますので、そうならないためにも子供のサインを見逃さないようにしましょう。

子供の急性虫垂炎【盲腸】に前兆はある?

子供の急性虫垂炎に前兆やサインはあるのでしょうか。

痛み

一般的に、最初はみぞおちあたりの痛みや胃のむかつきなどの症状がみられることが多いです。

やがて時間の経過とともに痛みが右下腹部へとおりてきます。

言葉で訴えられない乳幼児は機嫌が悪くなることがあります。

吐き気

痛みとともに吐き気を訴える場合が多いです。

お腹の上~右下腹部あたりに痛みがあり、吐き気もある場合には急性虫垂炎の可能性も視野に入れておくとよいでしょう。

発熱

37~8度の熱を出す場合もありますが、まったく発熱のないケースも20%程度みられるということです。

 

急性虫垂炎の場合、その多くは前触れなく突然腹痛が起こるといいます。

子供が「お腹が痛い」と訴えてきたら、どの部分が痛いのか、痛い場所が動いているかを注意深く観察し、右下腹部のあたりなら虫垂炎を疑ってみたほうがよさそうです。

子供の急性虫垂炎【盲腸】の見分け方

子供の急性虫垂炎を見分ける簡単な方法です。

最終的な診断は、病院で血液検査をして白血球を調べたり、超音波で診てもらわなくてはいけませんが、「もしかして急性虫垂炎かも」と思った時に簡単に調べる方法があります。

・片足飛び

左右の片足ずつジャンプして、右側だけ明らかに痛がったり飛べなかったりすれば、急性虫垂炎の可能性があります。

・マックバーネー点

子供を寝かせ、右の上前腸骨棘(腰のあたりの出っ張った骨)とへそを結ぶ直線を3等分し、へそに向かって3分の1の場所にある部分をマックバーネーの圧痛点といいます。

急性虫垂炎の腹痛の場合、この部分を押したときに激しく痛みます。

反跳痛と言って、押したときより手を離した後の方が痛いというのも特徴です。

腹痛時してはいけないこと

急性虫垂炎の疑いがあるときにしてはいけないことです。

・水や食物を与えること

・痛み止め、浣腸、下剤の投与

・腹部をマッサージしたり温めたり、冷やしたりを医師の指示なく行うこと

・安静を妨げること

このようなことに注意して、病院を受診しましょう。

子供が急性虫垂炎【盲腸】受診のタイミング

急性虫垂炎の可能性があるときの受診のタイミングです。

急性虫垂炎は、上腹部に痛みを感じてから半日くらいまでなら、軽度~中度の処置で済むといわれています。

1日経過すると穿孔の危険性が高くなるので、その前には受診しましょう。

いつもと違う腹痛、時間がたっても良くならないなどの症状があったら早めに受診した方がいいと言えます。

手術は外科になるので痛みが強かったり明らかに急性虫垂炎が疑われるときは外科に行くのが望ましいですが、昼間そんなに痛みが強くなかったり、腹痛の種類がわからないときには小児科や内科でも大丈夫でしょう。

子供の急性虫垂炎まとめ

子供の急性虫垂炎は、早期に適切な処置をすれば、ほぼ問題なく済みます。

ですが、重症になって腹膜炎を起こすと、手術や入院も大掛かりなものとなるだけでなく、命にもかかわってきてしまいます。

子供が腹痛を訴えてきたら、急性虫垂炎の可能性がないかどうかチェックしてみてください。

スポンサーリンク