名医のTHE太鼓判!フジモンの口臭は○○?歯周病や歯並びなど口の悩み解消

名医の太鼓判 10月23日

2017年10月23日放送の【名医のTHE太鼓判!】は、口臭・口内炎・歯周病・ドライマウス・二重歯列など口の中の悩み解消SPです。

そこで当サイトマミィでも、番組内容に沿ってこれら口の悩みやトラブルの原因や解消法などを調べてまとめてみたので紹介いたします!

スポンサーリンク

口臭の原因と解消法

口臭の原因と解消法についてお伝えします。

番組では、「フジモンの口臭は毒物レベル」などと診断されていましたが、口臭=嫌な臭いの成分は約20種類ほどあるといわれています。

中でも、揮発性硫黄化合物(VSC)は非常に不快な臭いを発します。

 

揮発性硫黄化合物は、硫化水素(腐った卵のような臭い)・メチルメルカプタン(魚が腐った生臭い臭い)・ジメチルサルファイド(生ごみのような臭い)の3種類のガスから成ります。

なぜこのようなガスが発生してしまうのかというと、口の中にいる原因菌(嫌気性菌)が、口内のはがれた粘膜上皮や血球成分、死んだ細菌などのタンパク質成分を分解することによりガスが発生するのです。

これらのガスが口の中で混ざって口臭となるので、非常に不快なにおいに感じられます。

スポンサーリンク

ひどい口臭は歯周病や虫歯が原因?!

ひどい口臭は歯周病や虫歯が原因の可能性があります。

歯周病は初期にはほとんど自覚症状がありませんが、歯磨きのたびに出血したり、血に膿が混じったりするようになると口臭も強くなってきます。

また、虫歯の原因となる歯垢(プラーク)は細菌のかたまりなので、しっかり歯磨きで汚れを落とさないと歯垢が蓄積し、歯石となって歯に付着します。

 

一度ついた歯石は歯磨きだけでは落とすことができず、虫歯や歯周病を進行させてしまいます。

すると、口の中で細菌が繁殖して口臭を作り出してしまうのです。

このように、口臭や虫歯、歯周病はすべて細菌の仕業です。

ただ、これらは私たちにとって有害な悪玉菌によるもので、口内細菌の中には私たちの健康に役立つ善玉菌もいます。

善玉菌は虫歯や歯周病を予防してくれる働きをもつものもあり、善玉菌を増やすためのタブレットなども市販されていますので活用するとよいでしょう。

関連記事:歯周病には乳酸菌【LS1】が良いってホント?どんな効果が期待できるのか

関連記事:子供の虫歯予防には善玉菌【BLIS M18】配合の歯磨き粉がベスト?

ドライマウスも口臭のもと

口が渇くドライマウスも口臭のもとです。

唾液の分泌量が減って口が渇く症状で、専門的には口腔乾燥症と呼ばれます。

普通、口の中の細菌は唾液で洗い流されて清潔な状態を保っていますが、ドライマウスで口の中が乾燥していると本来いないはずの細菌が繁殖し、ネバネバしたり口臭となったりします。

重度になると、歯周病菌や虫歯菌が大量に増えて、虫歯や歯周病、歯槽膿漏などが進行します。

細菌が肺に入って肺炎を起こす、誤嚥性肺炎の原因にもなります。

口臭の解消法

口臭を解消する方法を紹介します。

・ていねいな歯磨き

まずは丁寧に歯磨きをして、食べかすや歯垢をきちんと落としましょう。

歯ブラシだけでは届きにくい奥歯や歯と歯の間、歯と歯茎の隙間などは歯間ブラシやフロスを使うとよいでしょう。

こちらに紹介している、リステリン史上最強といわれるリステリン紫で悪玉菌を殺菌できます。

>>リステリン紫の効果は最強?海外タイ製No.6が人気のワケは?都市伝説も

・舌磨き

舌の表面が白っぽくなっているのは、舌苔といって細菌のかたまりが舌に付着している状態です。

舌苔も口臭の原因となるので、舌苔がついていたら舌もキレイにお掃除しましょう。

ただ、舌は敏感なので歯ブラシでゴシゴシこすると傷ついてしまいます。

専用の舌用ブラシもありますが、こちらの銅製タングスクレーパーはおすすめです。

奥まで入れてもオエッとならないし、きれいに舌苔を取り除くことができて、しかも痛くありません。

値段も手ごろなので歯ブラシとセットで習慣にするとよいでしょう。

>>楽天市場:銅製タングスクレーパー一覧

>>Amazon:銅製タングスクレーパー一覧

・よく噛む

よく噛むと唾液の分泌も活性化されてドライマウスの予防にもなります。

唾液には、口の中を洗い流して細菌の繁殖を防ぐ作用や、口の粘膜を保護する作用があるので、唾液の分泌を活性化することは口臭予防に効果的です。

・定期的な歯科通院

虫歯や歯周病は口臭だけでなく全身の健康にも害を及ぼします。

早めの発見、早めの治療のためにも、定期的に歯医者さんで診てもらうようにしましょう。

口内炎や口臭、歯周病、ドライマウスなどについては以下の記事でも詳しく解説しています。

関連記事:子供の口臭が気になる!臭くなる原因と対策・解消方法

関連記事:その原因Xにあり!口内炎がガンのサイン?!口の乾きや口臭、歯周病は何科が専門?

スポンサーリンク

知っておきたい歯並び<二重歯列>って?

もう一つ、番組では二重歯列について取り上げられていますね。

二重歯列とは、通常の歯並びに重なるように、前歯が二重に生えている状態です。

本来抜けるべき乳歯が抜けずにそのまま残ってしまう場合や、あごが小さくて歯が並びきれない場合など原因は人によりさまざまです。

 

健康的には特に問題はないとされていますが、歯磨きしづらいことにより虫歯のリスクが高くなる、顎関節症になるリスクが高くなるなど、二次的な心配があるようです。

歯列矯正を考える人も多いようですが、二重歯列の人が矯正を考えた場合、必ずしも抜歯の必要はないといいます。

ただしその人のあごの大きさや歯の大きさなどいろいろな条件をもとに歯科医師が診断して決めるので、このような悩みがあれば矯正歯科に相談してみるとよいかと思います。

子供の歯列矯正や歯並びについては、こちらに詳しく解説しています。

>>子供の歯並び大丈夫?歯列矯正を考える前に直したいクセや習慣

まとめ

口のトラブル−虫歯や歯周病、ドライマウスなどが口臭の原因になるということがわかり、口の悩みはすべてつながっているんだなと驚きでしたね。

また、これらのトラブルの裏に、別の病気が潜んでいることもあるといいます。

もしも口に悩みがあって気にしているようでしたら、早めに歯科医を受診することが大切です。

スポンサーリンク