その原因Xにあり!真夏の快眠法SP夜間熱中症と寝言と認知症の関係も

熱帯夜

2017年7月7日のその原因、Xにあり!は【真夏の快眠法SP!最適な冷房温度!寝言は認知症のサイン】です。

暑い夜でも快適に眠れる扇風機や布団の正しい使い方や、夜間熱中症の対策、寝言と認知症の関係についてなどを紹介します。

そこで、当サイトマミィでも独自に調べた熱帯夜を乗り切る方法などをご紹介します。

スポンサーリンク

夏の睡眠を妨げる残念行動

暑いから、とついついやってしまいがちな行動が、実は睡眠を妨げてしまっているかもしれません。

その原因、Xにあり!では、睡眠妨害する残念行動ワースト5として「扇風機を止めて寝る」「氷枕で寝る」などをあげています。

扇風機を止めて寝たり、エアコンをタイマーにして寝るという人は多いと思いますが、これだとタイマーが切れた後の室内は蒸し風呂もしくはサウナ状態になってしまうため、快眠とは程遠い環境になってしまいます。

エアコンは高めの温度でつけっぱなしにしておく、扇風機は足に当てるなどの対策をすることで、朝まで快適に眠ることができます

夏の布団の使い方

夏は、全身に布団をかけるのではなく、横向きに使ってお腹にかかるようにして寝るといいそうです。

お腹は全身の免疫が集まるところなので冷やすと風邪をひきますが、手足は冷えても風邪をひくことはないといいます。

どうしても寝相が悪くて布団をはいでしまう、という人は、腹巻なんかを活用するといいかもしれません。

エアコンの最適温度は?

夜寝る時、室内温度を28度前後にしておくと快適に眠ることができます。

どうしても苦手な人は、ドライ(除湿)モードで湿度を50%くらいまで下げてあげると眠りにつきやすくなります。

遠藤拓郎先生の推奨する快眠法

スリープドクター遠藤拓郎先生は、睡眠外来の専門家で過去にも様々な快眠法をレクチャーしてくれています。

その一部を紹介すると、脳をだまして快眠する方法として「38~40度のお風呂に寝る30分~1時間前に10分ほどつかる」ことを推奨していました。

人が眠りにつく前、体温が1℃下がると快適に眠りにつくことができるといわれています。

熱帯夜になかなか眠りにつくことができないのは、温度や湿度が高いために汗が蒸発せず体温が下がらないからです。

だから、寝る直前にお風呂に入って体温をさらに上げると、脳はだまされて急激に体温を下げようとする、この働きによって寝付きやすくなるというわけです。

 

食事は寝る3時間前には済ませておくことが理想で、温かいものやトウガラシなどの辛いものを食べると、体温の上昇と下降が起こりやすくなります。

また、寝ている時に締め付けのキツイ下着やパジャマは睡眠を妨害するので、ノーパンが効果的など、ユニークな方法も提唱されています。

夜間熱中症はこんなに危険!

夜間熱中症とは、就寝時無意識のうちに熱中症にかかってしまうこと状態で、大変危険です。

夏場の2人に1人がかかっている可能性があるといいますが、本人に自覚がないため、夏バテや体調不良と勘違いしている人も多いのだそうです。

重症化すると意識を失ったり最悪の場合死に至ることもあるのが熱中症の怖さです

それなのに昼間の熱中症には気を付けていても、夜間の対策を行っているという人は少ないといいます。

夜間熱中症が起こるのは、寝る前の水分補給が十分でないことや、寝汗によって多量の水分が失われることなどが原因として考えられます。

夜間熱中症の対策

夜間熱中症の対策として効果的な方法は、寝る前の水分補給とエアコンの活用です。

寝る前や、夜中に起きたときに、5~15℃の水をコップ1杯程度飲むのが、熱中症予防に効果的だといいます。

また、先にも説明した通り、体に熱をため込まないようにエアコンを高めの温度設定でつけっぱなしにしておくことも、熱中症対策には効果があるようです。

 

熱中症は、日中の屋外だけで起こるものではありません。

夜間もそうですし、室内にいても対策が必要です。

熱中症対策で気をつけたいポイントや、特に子供の熱中症対策について詳しく解説したページもありますので、家族みんなの熱中症対策にお役立てください。

>>その原因Xにあり!血糖値改善で熱中症・糖尿病予防に効果的な食べ物は?

>>子供の熱中症に注意!対策や予防法と応急処置について知っておこう

寝言と認知症の関係

単なる寝言が、もしかすると認知症のサインかもしれません!?

寝言とは、浅い眠りのレム睡眠時に出るものと、深い眠りのノンレム睡眠時に出るものがあります。

認知症と関係しているのがレム睡眠時の寝言で、レム睡眠行動障害と呼ばれるものがレビー小体型認知症と関係しているといわれています。

レビー小体型認知症はアルツハイマー型認知症とは区別され、記憶障害の他、パーキンソン病に似た症状や幻覚幻聴などの症状がみられるのが特徴です。

そして、レビー小体型認知症の初期症状に多いのがレム睡眠行動障害、つまり寝言や寝ぼけなのです。

レム睡眠行動障害の対応

家族にレム睡眠行動障害の症状が起こった時の対応です。

レム睡眠は、就寝後約90分後に最初の波が訪れます。

この時に寝言や寝ぼけなどが見られますが、本人や周囲に危険がないようならばそっとしておけば、大概の場合10分以内には収まることが多いといいます。

もし10分以上続いておさまる様子がない時は、電気をつけて部屋を明るくしたり、目覚まし時計を鳴らしたリテレビをつけるなどして、自然に目覚めさせるようにするのがよいようです。

身体を揺すったり、たたいたり、大声で起こすと、本人の悪夢と現実が混同してパニック状態になる恐れがあるので避けた方がよいでしょう。

認知症と睡眠の関係についてさらに詳しく知りたい方はこちらも参考にしてください。

>>ガッテン!認知症予防は脳のゴミ【アミロイドβ 】排出が大切?

まとめ

一昔前は、夏どんなに昼間暑くても、夜になれば涼しくて気温にもメリハリがありました。

現代は建物のコンクリートや地面のアスファルトが熱を抱え込んでしまうので、夜になっても気温が下がるどころかずっとムシムシした状態が続いてしまい、過ごしにくさを感じます。

睡眠は健康の要、暑いから寝苦しいからといって睡眠不足が続くと、体調不良を招き、大きな病気につながってしまいます。

こちらでご紹介した快眠法などをぜひ参考にしていただいて、暑い夜を乗り切ってください。

スポンサーリンク

NHKスペシャル「睡眠負債」とは!?がんや認知症につながる睡眠不足を解消

2017.06.17

ためしてガッテン!で話題のデルタパワーとは?オレキシンや睡眠薬など

2017.02.21

ネムリスの口コミ!不眠解消で質の良い睡眠を実現するサプリ

2017.02.17