子供の遺伝子検査キットおすすめは?みんなの口コミもご紹介!

子供遺伝子検査キット おすすめ

子供が将来、どのような分野で活躍できるのか知ることができたら、小さいうちからしっかり準備して未来へ向けてベストな環境を整えてあげることができます。

そんな夢のようなことをかなえてくれるのが、子供の能力遺伝子検査です。

遺伝子検査で、子供自身も親も気づいていない、子供の隠れた才能を発見できるかもしれません。

スポンサーリンク

子供の遺伝子検査とは?

子供が絵を褒められた時、50m走がクラスで1番になった時など、「もしかしてうちの子、才能ある?!」という期待に胸を膨らませた経験、親なら一度はあるのではないでしょうか?

逆に、何度注意しても同じ間違えを繰り返したり、できなかったりしたとき、親はつい叱ってしまいがちですが、もしかしたら子供はその分野を苦手に感じているという可能性もあります

 

もしも、潜在的な子供の能力を知ることができたら、得意なことは伸ばしてあげられるし、苦手なことはていねいに教えてあげられるなど、その子に合った接し方ができますよね。

今流行っている子供の遺伝子検査は、こうした子供の潜在能力を遺伝子から分析して、その子にとってベストな育て方の道しるべとなってくれるものなんです。

おすすめ子供の遺伝子検査キット

子供の遺伝子検査を自宅で簡単に行うことができる、おすすめのキットを紹介します。

株式会社DNA FACTORの『子ども能力遺伝子検査ジェネテイスト』というものですが、このキットでは学習能力3種・身体能力3種・感性3種の系9遺伝子を解析してもらうことができます。

子供の遺伝子を調べるキットは数種類ありますが、『子ども能力遺伝子検査ジェネティスト』をオススメするにはこんな理由があるからなんです。

1.国内検査機関での遺伝子解析

遺伝子は、個人にとって最も重要な個人情報です。

遺伝子検査の流行とともに、悪質業者や科学的に根拠の乏しい業者も参入しています。

中国など海外の機関に送られるキットもありますが、どのように扱われているのか不安ですよね。

大切な我が子の情報だから信頼できる機関で調べたいというのが当然ですが、『子ども能力遺伝子検査ジェネティスト』は、「遺伝学的検査受託に関する倫理指針」 (社団法人日本衛生検査所協会) 、「ヒトゲノム・遺伝子解析研究に関する倫理指針」 (文部科学省・厚生労働省・経済産業省) に基づいて策定されたガイドラインに則って検査や情報管理が行われているため安心して検査を受けることができます。

2.遺伝子解析正解率99.99%の正確性

『子ども能力遺伝子検査ジェネティスト』はダイレクトシークエンス法という遺伝子情報を直接読み取る検査方法を採用しているため、その正確性は限りなく100%に近いのが特徴です。

多くの検査キットが正確性よりもスピードや簡易性を優先し、DNAチップやタップマンプローブ法など遺伝子情報を間接的なシグナルで見ている検査方法をとっている中、『子ども能力遺伝子検査ジェネティスト』は約30日〜60日で99.99%正確な結果が届きます。

3.国内ドクターによる検査

『子ども能力遺伝子検査ジェネティスト』は、すべて国内ドクターの手で検体の培養から解析、検査結果報告書の作成が行われている、日本初の国内クロージングサービスです。

検査結果はドクターによるコメント付きで、「このタイプにはこのような傾向があるので、このような接し方がありますよ」というように、誰にでもわかりやすい報告書となっています。

『子ども能力遺伝子検査ジェネティスト』は、このような他社にない優れた特徴をもつ遺伝子検査キットなので、一生に一度の検査だから妥協はしたくない!というニーズにバッチリ答えてくれるでしょう。

『子ども能力遺伝子検査ジェネティスト』でわかること

『子ども能力遺伝子検査ジェネティスト』では、次のようなことが検査対象となっています。

学習能力

BDNF 記憶力

CHRM2 判断能力・理解力・分析力・推理力

SNAP25 知性・認知能力

身体能力

ACE 耐久力

ACTN3 速度・瞬発力・持久力

mtDNA 持久力・エネルギー生産効率

感性

COMT 記憶力・注意力・忘却力・ストレス耐性・勇気

CHRNA4 リスク管理

5−HTT ストレス耐性

 

こうした項目を遺伝子から解析し、子供のさまざまな能力や才能への気づきのきっかけを作ってくれる検査になっています。

子供の遺伝子検査を受けた人の口コミ

子供の遺伝子検査を受けた人の口コミや感想、きっかけなどを集めました。

・年長の息子の習い事が週5回で多すぎたので、本当に向いているものだけに絞ろうと思って遺伝子検査をしました。

結果的に、私も気づかなかったいろいろな情報がわかったので、受けてみて良かったです。

たくさんの習い事をダラダラと続けるよりも、息子に合ったものだけに集中している今の方が息子も楽しそうです。

検査費用は高かったけど、合わない習い事を続けるより安上がりになりました。

・娘は陸上が得意でクラブチームにも所属していますが、これまで短距離だったのにコーチから長距離へ転向するように言われ、不安がっていました。

もともとの身体能力はどうなのかと遺伝子検査をしてみたら、耐久力や持久力が意外とあることがわかり、エネルギー産生効率も長距離に向いているようで、娘も決心できたようです。

自分に、知らなかった力があるとわかって、娘の自信にもなったようなので、受けて良かったと思います。

・私自身、かつて進路を決める時にすごく悩んだ過去があるので、このように自分の遺伝子レベルで得意なことを知っておくのは大切だと思い、娘が生まれたときに検査をしました。

私と正反対の理系タイプというのは意外でしたが、ほかにもたくさんのことがわかったので、将来娘が悩んだ時に良い道しるべになってくれると思います。

・息子が1年生になって何か習い事をしたいというので、どうせやるなら極めてほしいなという思いから子供の遺伝子検査を受けました。

これまでおっとりのんびりした息子だとばかり思っていたのが、スポーツをやらせてみてみいいかなという結果にちょっと驚きました。

この先、成長してもこの結果はずっと参考になると思います。

※口コミは個人の感想です。

検査方法はこんなに簡単!検査の流れや費用

自宅でできる遺伝子検査の流れや、費用について説明します。

『子ども能力遺伝子検査ジェネティスト』の場合、公式ホームページから申し込みをし、代金を支払います。

>>公式ホームページはこちらです

すると自宅に検査キットが届きます。

キットの中にある専用の綿棒で、口の中(ほっぺの内側)を20回ほどこすります。

こうすることで口腔内の細胞を採取することができるので、それを返信用の封筒に入れて送り返すだけで完了です。

 

綿棒だから痛くないので、0歳の赤ちゃんから検査が可能です。

気になる費用ですが、正直、超高いです。

お値段なんと、69800円!

公式ホームページには、

仮に教育費として中高生のあいだに毎月1万円使っていたとして6年間で72万円です。夏期講習などは時に10万円を越えたりしますから、実際はその2〜3倍以上のお金を投資するはずです。子どもの能力遺伝子検査が1回で済むことを考えれば、その費用対効果が圧倒的なのがわかると思います。

とあり、もちろんその通りなのは頭では理解できるのですが、それにしてもこのお値段・・・即決!という人はなかなかいないのではないでしょうか。

 

でも、一生に一度だけで済むし、知っておくのと知らないのとでは絶対知っていた方がいいし、こういう検査があるって知ってしまった時点ですでに興味津々だし、って感じですよね(^^;

そうすると、値段を比較してなるべく安いキットを探したくもなりますが、安い製品の中には調べる項目が少なかったり、検査結果の正確性が低かったり、結果の報告もアドバイスではなく「優・良・可」などで判定されるなど、物足りなさを感じてしまうのが現実です。

 

それに、いくら比較して安いとは言っても、遺伝子検査自体が数万円かかる検査なので、たとえ結果に満足できなくても何度も受けるわけにはいきません。

そう考えれば、どうせ受けるならここはケチるのではなく思い切って正確さや信頼性を重視すべきと思います。

中国では当たり前!?子供の能力の早期発見

子供の遺伝子検査が盛んなのは中国です。

中国では2008年から子供の遺伝子検査が行われており、子供の潜在能力を早期に発見して教育やスポーツの分野に役立てているといわれています

上海バイオチップコーポレーションという中国最大手のバイオテクノロジー企業は、中国政府関連機関も投資する国家レベルの研究機関です。

日本で受けられる遺伝子検査キットは、この上海バイオチップコーポレーションに送られて診断されるものも多いようです。

日本にも広がりつつある子供の遺伝子検査

子供の潜在能力を早期発見できる遺伝子検査が、日本でもメジャーになりつつあります。

お受験のためや、専門的なスポーツをやらせて選手を目指すためなど、家庭によって目的は様々なようです。

遺伝子は一人ひとり皆違い、また一生変わりません。

そのため最近では、出産祝いのプレゼントとしても人気があるようです。

小さいうちから子供の向き不向きを理解していれば、得意な分野を伸ばしてあげられるので、将来オリンピック選手や宇宙飛行士になることも夢じゃないかもしれません!?

遺伝子検査で子どもの才能を調べる前の心構え

遺伝子検査で子どもの才能を調べることを決めた後の、親としての心構えをお伝えします。

この検査は、子供が生まれながらに遺伝子レベルで持つ潜在能力を知るための検査で、子供の才能や能力を決定するものではありません

才能や能力は決して遺伝子だけで決まるものではなく、先天的な遺伝子と後天的な環境要因が合わさって磨かれていくのです。

遺伝子検査は、子供の潜在能力を早期に発見し、育て、導いてあげるためのものです。

 

結果に対して、どのように努力させてあげれば子供が夢中になって伸びやすくなるのかを考えるのが、親の役割です。

だから、どんな結果がでても良し悪しというのはありません。

「この子は記憶が得意なんだな」とか「ストレスに弱い性質なんだ」ということがわかることによって、子供への理解が深まり、その子に合った接し方ができるようになります。

すると子供も伸び伸び成長できるし、親のイライラも減りますよね。

親というのは、子供の苦手なことより優れていることに目がいきがちですが、遺伝子検査を受けることを決めたら、優劣ではなくてその子の個性への理解を深めてあげるようにしましょう。

子供の遺伝子検査まとめ

子供の才能を伸ばすためには、まずその子の得意なこと、苦手なことを把握して周りの大人が的確にアドバイスしたり環境を作ってあげることが大切です。

その道しるべとなるものが遺伝子検査なのです。

子供の遺伝子検査、知れば知るほど興味深いです。

子供にやらせたいのはもちろんですが、自分自身はどうなのか調べてみたくなりますよね。

いつか血液検査と同じように、メジャーになればいいなと思いました。

スポンサーリンク